銀座三越にレストラン街

9月11日にリニューアルオープンしたばかりの銀座三越。増床した東側の11階と12階にはこだわりの料理人が腕を振るう国内外の名店が大集合! その名も「ギンザ ダイニング」。国内初出店や百貨店のレストラン街初登場などなど、話題性もたっぷりです。

東京初進出のお好み焼き

まずは11階から。このフロアにはうどん、寿司、イタリアンなどなど、ランチからディナーまでカジュアルに食事を楽しめる11店舗が勢揃いしました。「神戸・六甲 ぎゅんた」は尼崎に本店を持つお好み焼き、鉄板焼きの店。噛むほどに味がにじみだす、牛のアゴのすじ肉や油かすを使った『ぎゅんたモダン』が名物。前を通りがかると、ぷ~んと良い香りが立ちこめ、食欲をそそります。


シンガポール発のモダン飲茶

日本初出店のシンガポール発のモダン飲茶専門店。レシピ開発を手がけたのは、長年にわたり、数々の店で一流点心師として名を馳せたファン氏。美容と健康を意識した、軽い口当たりと繊細な彩りの点心が楽しめます。洗練された空間で女性同士の集まりやデートにもぴったりのお店です。



11階はほかに江戸前の技を堪能できる寿司屋さんの「築地青空三代目」、韓国家庭料理の「ソソンジエ」、はたまた米国歴代3大統領就任式晩餐会を取り仕切り、マンダリンオリエンタル東京初代総料理長も務めた山本秀正氏のイタリアンなどなど、大注目店が目白押し。味だけではなく、楽しさもあるのがこのフロアの特徴です。

さて、お次は12階へ!