計画に気を取られすぎて失敗! 壊して作り直すことも


先取りムダの失敗をしてしまうと、いったん作った家をまた壊して、また作り直すことにもなりかねない。
住まいのリフォームには、その家によっての 「しどき」 があり、そのタイミングの計り方は、「あなたの家のリフォーム時を教えます」 で、お話ししました。

「しどき」を逃せば、多額の費用が掛かりますし、住みにくい家になってしまうこともあります。だからこそ、リフォームの成功にはシッカリとした計画が必要不可欠なのですが、実はその計画に気を取られ過ぎて失敗してしまう事があるのです。

その失敗とは、「先取りムダ」 の失敗。 この失敗に陥ってしまう人が意外と多く、作ったモノをまた壊して作り直すケースも見受けられます。

人生の先々を全て見越すことはとても難しいことですし、全てが思い通りにいくとも限りません。もちろん皆さん、「十分な検討をしてから、着手した!」 とおっしゃるのですが、思わぬところに落とし穴が潜んでいるのです。

そこで今回は、実際によく見かける 「先取りムダ」 の失敗例を3つご紹介しながら、リフォーム成功の鉄則をお届けします。

それでは早速次のページから、意外に多い 「先取りムダ」 でのリフォーム失敗例のご紹介! 「成長の止まった家」 です。

>>>  先取りムダでの失敗例と、リフォーム成功の鉄則はこちら
成長の止まった家
邪魔で高額な安心料
主役の居ない家

- P1 -