Q:
竹内先生、はじめまして。妊娠11週の妊婦です。先日、母子手帳をもらってきましたが、これから出産して、母親になって子どもを育てるという実感が全然わいてきません。男の人は赤ちゃんが生まれるまでパパの実感がないと聞きますが、私も生まれるまでこんな風なのかと心配です。子どもはほしかったのですが、ちゃんと産めるのか、ちゃんと育てられるのか不安で仕方がありません。
 

妊娠をすれば母親になる実感がわいてくるわけではない

妊婦さん

妊婦の自覚はあるけれど、出産への実感がわかない……

A:
そうでしたか……、妊娠をされたけれど、母親になる実感がわいてこない。あなたは、そんな自分って少しかわっているのかな? 子どもが生まて、ちゃんと育てていけるのだろうかなと、不安に思っているのかもしれませんね。

大丈夫です、安心していいですよ。それは、女性であるからと言って、妊娠をすれば母親になる実感がすぐにわいてくるわけではないからです。特に、今は、昔と違って、妊娠かなと思ったら、薬局で妊娠反応検査薬を1000円やそこらで買えばすぐにわかってしまう。そして、病院に行けば、超音波検査で赤ちゃんがつつまれる嚢(胎嚢)や、生理が2週間も遅れれば、赤ちゃんの心拍が見えてきてきます。

嬉しいニュースですが、赤ちゃんを身体で感じとる前に、自分は妊娠しているんだということが、先に情報として頭から入ってきて、妊娠したんだから、あれはダメ、これもダメとなってしまいがちです。そんな状況もあってか、妊娠自体を実感できない女性が多くなっているのではと感じています。
 

母親になってゆくプロセスが大切

余談ですが、昔(かなり昔ですが)は生物学的妊娠反応といって、妊娠の可能性のある女性のおしっこをウサギやマウスに注射して、数日後に解剖をして、卵巣の変化を調べて妊娠の判定をしていました。命が授かっているかを調べるために、ひとつの命が犠牲になっていたんです。

もっと昔は、妊娠と正式に診断され、周囲にお披露目するのはお腹が少しふっくらとしてくる妊娠の5ヶ月でした。5ヶ月の犬の日の親族が集まり安産を願う帯祝の習慣は今でも残っていますよね。赤とんぼの歌詞に、「15でねえやあは嫁に行き~」とありますが、10代後半で子どもを身籠り母親になっていた時代がありました。そんな若い女性が妊娠するのですから、母親になる実感は乏しかったのではないかと思うんです。ただ、帯祝をはじめてとして、コミュニティーには、娘が母になってゆくしくみが備わっていました。

今は、早く妊娠がわかって、便利になったのはいいかもしれないけれど、ちょっとお手軽すぎない?と、思ったりもします。妊娠しているのかどうなのか、子どもが来てくれているのかどうなのかを、気をもんでいる時間は不安でしょうが、妊娠を受け入れる心の準備時間として意味があると思うからです。しかも、妊娠をしても、昔のように女性が母親になってゆくプロセスを支える「しくみ」も社会からは消えてきています。

>> その時の自分の気持ちを大切にして受け入れてゆきましょう