ホテルとサービスアパートの違い

アナンタラバンコク

ガイドもお気に入りのアナンタラバンコクは、キッチンスペースとリビング、寝室がそれぞれ独立していて使い勝手がとても良い

最近バンコクを中心に増えてきているサービスアパート。施設はホテルとほぼ同等ですが、長期滞在もできるようにキッチンや冷蔵庫などの設備が完備されています。「アパートメント」という名前がついていても、1泊からの短期間でも滞在は可能。宿泊費がホテルよりも安いこと、オーディオ類が充実していてインターネットも無料というサービスがついていることから最近利用者が急増中です。しかし、ホテルのような格式のある雰囲気やサービスなどはあまり期待できません。サービスアパートの料金は中級クラスなら1500~2000バーツ(約4200~5600円)、高級なところでも3000バーツ(約8400円)前後で泊まることができます。

特に日本人旅行者に人気のあるバンコク市内のサービスアパートは「センターポイント」、「シタディーン」「アナンタラバンコク」です。センターポイントとシタディーンはバンコク市内に複数軒あります。

タイのゲストハウス

昔からバックパッカーが多いバンコクにはいわゆるゲストハウスというものがあります。特に多いのは、王宮近くのカオサン通りとBTS国立競技場駅周辺で、 1泊100~600バーツ(約280~1680円)程度。部屋によって、シャワーやトイレが共同というところもありますし、エアコンがついていると料金は若干割高になります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。