タイのホテルで星付けは信用できる?

日本では手の届かない5ツ星ホテルもタイなら泊まることができるかも!?

日本では手の届かない5ツ星ホテルもタイなら泊まることができるかも!?

一般に、1~5ツまで星の数でランク分けされているホテルですが、タイではほとんど1ツ星ホテルというものを見かけることはありません。700~1000バーツ(約1960~2800円)程度のエコノミーホテルにも、たいてい2ツ以上の星がついています。

ただし、星の数と設備の条件(部屋の大きさや設備の有無など)は、厳密に規定があるわけではないので、同じ星の数でも驚くほど古くゲストハウスのような2ツ星ホテルがあれば、新しく設備も整った快適な2つ星があることも。

それは4~5ツ星クラスのホテルでも言えること。さすがに5ツ星ともなれば、9割以上のホテルが充分な施設と洗練されたサービス、高級感漂うインテリアなどが揃っていて、満足のいく滞在が約束されています。しかし、中には老朽化も進み、サービスも満足行くものではなく思わず首をかしげてしまうような5ツ星ホテルも。

同じ星の数でもホテルによって最も大きな差が開くのが4ツ星ホテルでしょう。施設は4ツ星クラスでも定期的なメンテナンスがされていないホテルの場合、エアコンの風が調整できなかったり、ひどいところになるとカビ臭い空気が出てくる、なんてことも……。もちろんメンテナンスも定期的に行われ、格式を感じられる伝統的な4ツ星ホテルもあり、古いホテルが一概に良くないとは言い切れません。このような状況の中、星の数だけでホテルの良さを判断するのは難しいというのも事実。予約サイトなどの評判や、泊まったことのある友人の感想などを聞いて、判断するしかないのが実情です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。