入学する小学校はどこ?

小学生

小学校からは義務教育

小学校は義務教育ですから、役所から幼稚園や保育園通し、または直接自宅に、該当する小学校の入学通知書が届きます。必要事項を記入して、園や小学校、役所に提出します。就学前健診の時に必要事項を記入した入学通知書を持参する場合もあるようですので、通知が届いたら、内容をよく読み、提出先や提出時期を確認しておきましょう。

入学前に引っ越しする場合は、どこの小学校になるのか、手続き方法などについても役所に確認しておきましょう。
 

ランドセルの準備は?

入学の準備というと、まずはランドセル。最近では、黒と赤だけではなく、カラフルなランドセルもメジャーになってきました。私立小学校では、ランドセルが指定されている場合も多いですが、公立校の場合は、好きな色のランドセルを使っている子が多いようです。ランドセルメーカーも毎年工夫をこらし、軽量化していたり、サイズ、ポケットなどの機能、背負いやすさなどにおいて、さまざまな種類があるようです。できれば転倒で、実物を見て選ぶといいですね。使うのは子ども本人ですから、子どもの好みも取り入れて、使い勝手は、親がチェックしてあげましょう。

ランドセルは、年々早めに揃える傾向にあるようです。夏休みの帰省中におじいちゃんおばあちゃんと一緒に買いに行くことも少なくないよう。おじいちゃんおばあちゃんに任せるのではなく、できれば、一緒に買いに行ったり、買ってもらう場合も、好みをきちんと伝えておきましょう。

もちろん、ランドセルは入学前までに、準備しておけばいいものです。あわてて買わなくても、いろいろと情報を集め、年が明けてから購入する方も、少なくありません。
 

就学前健診って何?

地元の公立小学校から、就学前健診(入学前健康診断)のお知らせが、通常10~11月頃に届きます。親子で小学校に行き、子どもは健康診断を受けます。健康診断の誘導は、小学生の上級生が行ってくれる場合もあるようです。

親は、入学の準備などについての説明を受ける場合もあります。学校によっては、一部の学用品の注文を行う場合もあります。親子で面談を行う場合もあるようです。心配事があれば相談しておきましょう。

集合時間には親子でゆとりを持って向かい、小学校までの通学路なども、この機会に確認しておきましょう。

>> 入学前の準備と心構え