チャンピックス錠の効果

発売前の日本人喫煙者を対象とした2重盲検比較試験のファイザー社発表データをご紹介します。
※2重盲検比較とは、チャンピックス錠を飲んだ人(成分が入っている薬)と、飲まなかったプラセボの人(成分が入っていない薬)の効果を比較するのですが、飲んでいる人も、医師も、“成分が入っている薬”か“成分が入っていない薬”か、どちらを飲んでいるか分からないという試験です。

チャンピックス錠1mg1日2回服用した群では65.5%(85/130例)の効果、プラセボを服用した群では39.5%(51/129例)という結果で、統計的に有意に高い喫煙率を示していました。

その他注意点など

まだ、日本では未発売の薬ですので、副作用などは、海外や治験のデータからになりますが、重大な副作用としては、抑うつ症状(憂うつな状態)やそれに伴う自殺などが報告されています。ただ、これは、もともとうつ症状の治療をしている人に起こっているとのことです。

飲み方は、以下のように段階的になっています。
・第1~3日目は0.5mgを1日1回食後に服用、
・第4~7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に服用、
・第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に服用

また、服用は12週間となります。(詳しくは発売後、医師の指示に従ってください)

追記1)12週間まで保険適応の3割負担で服用することができます。
さらに、禁煙に成功した患者では、長期間の禁煙をより確実にするために、必要に応じて追加で12週間延長することができます。
ただ、この追加の12週間は、自費となります。

追記2)最初の12週間の間で、禁煙に失敗して、またチャンピックスを服用したい場合、1年以内に再開する場合は、全額自費になります。最初の受診日より1年以上経過すれば、再度保険適応で服用できます。

なお、費用を概算しますと、標準的な12週間の診察代(初診料1回、再診料6回、ニコチン依存症管理料5回)、院外処方せん代、薬代(チャンピックス)として、全額自費ですと62,000円程度、保険適応の自己負担の場合は、19,000円ほどになります。
※追加診療、合併症の診察、検査などがあると変動します。


上記の注意も含め、きちんと医師の禁煙指導の下、薬を服用することが重要です。禁煙が成功するようにお祈りいたします!

*ネット上での診断・相談は診察ができないことから行えません。この記事は実際の薬局などでの会話をもとに構成したものです。相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。

【参考リンク先】
チャンピックス錠プレスリリース>ファイザー社
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項