炎症の度合いやニキビの質、できる場所も人それぞれなのに、使うお薬はみな同じ……。これって漢方ではありえないこと! 漢方ではその人にあったケアがを考え、肌の表面だけでなく内側からもキレイにすることが可能です。漢方でニキビの繰り返しをストップ&体質改善しませんか?

ということで、今回は漢方で考えるニキビの対処法と、タイプ別の漢方薬に迫ります!

ニキビを「3つの色」で分類する!

イメージ
肌は内臓の鏡。内側からキレイに元気に!
漢方ではニキビの分類もいろいろあるのですが、今回は赤・青・白と3つの「ニキビの色」に着目し、代表なタイプに分けてみました。まずは色別のチェックリストで、多く当てはまるタイプを選んでください。


赤ニキビタイプ
□ 顔全体に赤みが多い(炎症がひどい)
□ 大きさは米粒ぐらいで、突起がある
□ ニキビから出血しやすい
□ 便秘がち
□ ついつい食べすぎ・飲みすぎ
□ 口が渇き、冷たいものを飲みたがる

青ニキビタイプ
□ ニキビが青黒い(くすんだ赤紫)
□ 同じ場所にニキビができやすい
□ 顔やくちびるの色がくすんでいる
□ 生理痛があり、塊がでることも
□ 生理時にニキビが増える
□ アザが治りにくい

白ニキビタイプ
□ 赤みの少ないニキビが多い
□ 生理後にニキビが悪化しやすい
□ 冷え症だ
□ 疲れやすい
□ 肌や髪にツヤがない
□ めまいや立ちくらみが多い

次に、タイプ別の体質の特長と、代表的な漢方薬をご紹介しましょう。以上の赤青白のチェックで当てはまらなかった人は、もしかしたら○○タイプかもしれません……。○○タイプの詳細も次の項で!


赤・青・白色別!の漢方薬選び

自分のタイプがわかったら、早速漢方薬をチェック!

■赤ニキビ⇒熱・炎症を抑える効果の高い漢方
イメージ
顔全体が赤い感じ。痒みや膿をともなう場合も

ニキビは体内の余計な熱に、外界の刺激が加わることで発生するものですが、3つのタイプのうち、一番炎症性が強いのが赤ニキビタイプなのです。

この場合、「清上防風湯」(せいじょうぼうふうとう)が代表的な漢方として挙げられます。余分な熱を取りながら、膿を出し、皮膚のかゆみや痛みを改善するのに優れています。化膿性の炎症によく用いられる漢方ですね。

■青ニキビ⇒血液をきれいにし、美肌作用もある漢方
イメージ
赤ニキビが紫色っぽくなり、長引きやすいのも特長

青ニキビで真っ先にご紹介したいのが、「桂枝茯苓丸加ヨクイニン」(けいしぶくりょうがんかよくいにん)です。この漢方は血液循環を良くする「桂枝茯苓丸」に、むくみを取り、美肌効果の高いヨクイニン、つまりハトムギを加えた処方です。

顔はほてるのに足は冷えるといった症状の人にもいいですね。また、ニキビだけでなく、シミやソバカスにも適し、女性の悩みに多く対応できる漢方でもあります。

■白ニキビ⇒足りないものを補う漢方
イメージ
口の周りの白ニキビや、生理後に悪化しやすいことも

赤ニキビの処方が「余分なものを捨てる」としたら、白は「足りないものを補う」処方だといえます。つまり白ニキビタイプは、栄養や血液が不足していたり、過労や虚弱体質で、元気が足りないタイプ。なので、ニキビが出来ても勢いがなく、ツヤや突起も少ないのです。

代表的な漢方では、貧血症状にもいい「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)や、体力アップをはかる「十全大補湯」(じゅうぜんだいほとう)などがあります。

■赤青白色以外のニキビには……
以上の3色に当てはまらない場合も数多くあります。
たとえば、ストレスによってニキビが増減するようなタイプは「加味逍遥散」(かみしょうようさん)をベースに、イライラを抑えてホルモンのバランスを調える方剤が向きます。また、混合タイプといって、複数の症状が重なっている場合も多く、漢方を選ぶときには、きちんとした漢方の専門家に診てもらうことが大切です。

ちなみに、ニキビが出来やすい人は胃腸の機能が弱い人が多く、食生活や生活習慣をかえるだけでも、かなり改善できるのも事実です。

<漢方にかかる際のポイント>

※ 女性のニキビ相談の際には、コンシーラーなどで隠さずにお化粧は薄めにして行きましょう。
※ 漢方相談は舌の状態を確認しますので、飲食後1時間ほどしてから訪問する方がベストでしょう。