ピルの副作用

正しく知っておきたいピル服用時のリスク。安全で快適な服用のためにも、しっかり理解することが大切

ピル服用にはリスクがあることも……。安全で快適なピル活用のために、しっかり理解しておきましょう

ピルの飲み始めには、軽度の吐き気や乳房の張りなど「つわり」に似た症状が出ることがあります。また、月経と月経の間に出血(不正性器出血)がみられることもあります。軽度のものであれば、ピルの服用を2~3ヶ月間続けるうちに治まります。

しかし、副作用がひどい場合や数ヶ月しても軽減しない場合は、ピルを変えたり、それ以外の原因がないかを調べる必要があります。違和感を感じたら、まずピルを処方してもらった担当医に相談するようにしてください。

副作用の有無は体質によって異なりますが、2シート分続けても合わないと感じたら、他の種類のピルを処方してもらったほうがよいです。3種類目でやっと自分に合うピルに出会えたという患者さんもいます。

また、避妊効果が高いからといって、ピルだけに頼るのは危険。最近では10~20代前半の人工中絶だけでなく、クラミジアヒトパピローマウイルスなどの性感染症が増加しています。ピルには性感染症の予防効果は一切ないので、性感染症予防のためにもコンドームを性器挿入行為の前から着用するようにしましょう。

ピルを飲んではいけない人

次の項目に当てはまる人は、基本的にはピルを服用することができません。血管が詰まる血栓症の副作用リスクが高まったり、すでに追っている疾患を悪化させる恐れがあるためです。医師に相談した上で、服用できるかどうかを判断してもらう必要があります。

■関連記事
「ピルとは?」
「ピルの効果・飲み方・種類・値段」
「避妊以外のピル活用法・副効用」
「ピルの習慣づけ・飲み忘れ時の対処法」
「緊急避妊薬(モーニングアフターピル)の基礎知識」
「ピルとは、そのメリット、デメリット」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項