月経前症候群(PMS)やつらい月経痛にも効果が認められているピル。上手に活用して、快適な毎日を手に入れましょう

月経前症候群(PMS)やつらい月経痛にも効果が認められているピル。快適な生活をサポートする上でも有効

避妊ではなく、副効用を目的としてピルを服用している女性も少なくありません。例えば、月経痛がひどかったり、月経の前の憂うつな気分(PMS・月経前症候群)を軽減するために飲むことも。また、月経を規則正しく来るようにコントロールしたり、逆に月経の時期をある程度柔軟に動かせるというメリットのために服用を薦めることもあります。

代表的な副効用は以下の通り。

月経トラブルの改善

ピルを飲んでいると妊娠しているときに似た状態になるため、子宮内膜が日常ほど厚くなりません。結果的に剥がれ落ちる内膜の量が少なくなるため、月経量や月経痛が軽減。

また月経周期が整い、ある程度は自分で月経開始日をコントロールすることができるため、休みの計画が立てやすくなるなどのメリットもあります。

にきびや多毛症の改善

女性ホルモンのバランスが整うため、ホルモンバランスの崩れで起きるニキビなどの肌トラブルや、多毛症などが改善されます。


卵巣のう腫や子宮外妊娠のリスク減少

排卵を抑制することで卵巣の負担が減るため、卵巣のう腫のリスクを減少させることが可能。また排卵がないため、妊娠はもちろん子宮外妊娠をする危険性が抑えられます。

乳房疾患や子宮体がんのリスク低下

長期の服用により、乳房疾患や子宮体がんのリスクが低下するという研究結果も出ています。

上記の効果は必ずしも全ての人にあてはまるわけではありませんが、様々な副効用を知っておくことで、ピルをより広く上手に活用することができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項