ナルコレプシーの主な症状

TPOに関係なく、強い眠気に襲われます

TPOに関係なく、強い眠気に襲われるナルコレプシー。ただの眠気ではすまされない厄介な病気です

ナルコレプシーの患者さんには、次に挙げる4大症状が見られます。これらの症状のうちいくつかは、健康な人でも現れることがあります。逆に、ナルコレプシーにかかった方でも、常に全ての症状が揃うわけではありません。

1. 昼間の耐え難い眠気と睡眠発作
危険な作業や大事な会議、デートの最中など、積極的な参加や緊張感を要する状況でも、本人の意志に関係なく突然眠り込んでしまいます。居眠りは通常30分以内で自然に目覚め、起きれば気分はスッキリします。起きた後しばらくは眠気がなくなっていますが、数時間たつと再び激しい眠気が襲ってきます。通常はこれがほぼ毎日、3ヶ月以上続きます。

10歳未満の子どもの場合は眠気がはっきりしない場合があり、不機嫌さや落ち着きのなさ、集中力の低下、過食、体重増加で気づかれることがあります。大人でも目覚めていて、一見きちんとした行動をしているようでありながら、少し変わった対応をすることがあります。本人にはその間の記憶がなく、その間の行動は「自動症」と呼ばれる症状であることが多いです。

日本では病気についての理解がまだ十分ではなく、周囲から「怠けている」「気合が足りない」といった誤解を受けることも少なくありません。そのため社会生活に大きな支障が出たり、うつ状態や引きこもりになってしまうこともあります。

2. 情動脱力発作(カタプレキシー)
笑う、喜ぶ、怒る、驚く、興奮するなど、強い感情の動きが引き金になって、全身の筋力(特に抗重力筋)が左右同時に抜けてしまう発作。脱力が激しい場合には、その場に倒れこむことがあります。発作が軽い場合は、呂律が回りにくい、頭が前に垂れ下がる、膝が笑うなどが軽い症状が起こります。

発作中の意識はしっかり保たれています。呼吸するための筋肉は脱力しないので、息苦しくはなりません。発作は数秒~数分たつと収まり、自然に力が入るようになります。

通常は、先に述べた日中の強い眠気や睡眠発作が最初に起こり、情動脱力発作はその1年以内に出始めることが多いようです。ただし、情動性脱力発作を起こさないタイプのナルコレプシーもあるので、注意が必要です。

3. 睡眠麻痺
いわゆる金縛りと呼ばれているものが、寝入りばなや目覚めた直後に起こります。睡眠麻痺は、数分以内に自然になくなります。

健常な人の場合、寝ついてから90~120分してから現れるレム睡眠が、ナルコレプシーの人の場合は寝ついてすぐ現れます。レム睡眠は全身の筋肉が動かない状態の浅い眠りです。この睡眠のときに何かの原因で意識が残っていると、体が動かせずに焦ってしまいます。

4. 入眠時幻覚
睡眠麻痺と同時に起こることが多いものに、入眠時の幻覚があります。この2つと情動脱力発作をまとめて、レム睡眠関連症状とも言います。上でも述べたように、ナルコレプシーの患者さんでは寝ついてすぐにレム睡眠になってしまうため、これらの症状が現れます。

幻覚は、怪しい人影や化け物が危害を加えにくるなど、かなり現実感があり鮮明で恐ろしいものが多いようです。入眠時幻覚が見えるときは、睡眠麻痺にも陥っているので、逃げようにも体は動かず声も出せないため、恐怖感が増幅されます。これも睡眠麻痺と同様に、数分以内になくなります。

以上の4大症状は、ナルコレプシーの患者さんによく見られるものですが、4つ全てが現れるのは患者さんのうちの20~25%程度だけ。病気の進行につれて睡眠発作や情動脱力発作は必ず起こりますが、睡眠麻痺や入眠時幻覚は伴わないことがあります。逆に後の2つの症状は、健常な人でも見られることがあります。

ナルコレプシーの検査

最近では、自宅で検査が受けられます

最近では自宅でも検査が受けられるナルコレプシー。不安を抱え込む前に検査し、正しい治療を受けましょう

上記の症状に当てはまり心配な場合は、睡眠障害の専門医に診てもらいましょう。日本睡眠学会のホームページで睡眠障害の認定医や認定医療機関を探せます。診察でナルコレプシーが疑われたら、睡眠ポリグラフ検査や睡眠潜時反復検査などが行われます。

■ 終夜睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー)

体のあちこちに脳波や筋電図、呼吸状態などを計るセンサーを付け、一晩眠る検査。正式な検査をする場合には夕方から病院に1泊しなければなりませんが、検査が終わればそのまま学校や会社へ行くこともできます。どうしても検査のための入院ができないときには、簡易型の検査装置を借りて、自宅で検査することも可能です。

料金は健康保険が使えるので、3割負担の人なら1万5000円前後から。また、宅配便でポータブル検査装置を送ってくれるサービスは6000円くらいで受けられます。

ナルコレプシーの患者さんの多くは寝つきがよく、目をつぶってから10分以内に眠りに落ちます。寝ついた直後にはレム睡眠がよく現れます。しかし、眠り自体が浅いため夜中に目覚めることが多く、熟睡感があまりありません。睡眠時間の長さは健常な人と変わりません。

■ 睡眠潜時反復検査(MSLT)

ナルコレプシーの診断に欠かせない検査で、2008年の4月から保険適用となりました。2時間ごとに眠りやすさを調べます。ナルコレプシーの患者さんは眠るまでの時間が8分未満(典型的には5分以内)で、眠るとすぐにレム睡眠になることが2回以上みられます。

国際的な睡眠障害の診断基準に従うと、3ヶ月以上にわたってほぼ毎日強い眠気があり、情動脱力発作が見られた場合のみナルコレプシーと診断されますが、情動脱力発作がなくても、この検査によってナルコレプシーと診断されることもあります。検査は1日がかりなので入院が必要。料金は1万5000円くらいのところが多いようです。

以上がナルコレプシーの検査法ですが、強い眠気があるのにナルコレプシーでなかった場合、他の病気の可能性も考えられます。睡眠不足症候群や特発性過眠症、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、睡眠覚醒リズム障害、うつ病、統合失調症などでも同様の強い眠気が現れることがあるので、ナルコレプシーと自己診断しないようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項