イライラした時に一服。それが止められにくい理由としてはニコチン依存の他に口唇期の名残りも見過ごせません
三つ子の魂、百までと言いますが、人の性格の多くの部分は小児期に形成されます。人の気質には「人見知りしやすい」、「他人に頼りやすい」、「新しい事を試したい」などさまざまな要素が含まれていますが、こうした要素が行き過ぎてしまい、日常生活に支障が生じている場合はパーソナリティ障害の可能性があり、その原因は本人の生まれながらの要因の他、小児期の生育環境も大きな要因になります。物心がつく前の生後18ヶ月の期間である口唇期も成人後の性格に大きな影響を与えている場合があります。

今回は、人の性格を理解する上で重要な口唇期の影響を詳しく述べます。


口唇期の特徴

人は生まれてから大人になるまで心身ともに発達していきますが、その過程は精神医学の大家ジークムント・フロイト(1856~1939)の性的発達段階の理論では5つの段階からなります。その最初が口唇期であり、生後18ヶ月までの時期を指します。

性的発達段階のそれぞれの段階において、重要なテーマと体の器官があり、人は性的発達段階を一つずつクリアーして、心身を成長させていくわけですが、時に、ある段階をうまくクリアーできない事があります。心理学の用語で固着というのですが、その段階をクリアーをできない為に心の中で葛藤が生じてしまい、成人後の性格へ影響が出てきます。

口唇期ではその名の通り、口と唇がもっとも重要な体の器官です。生まれたばかりの頃が成人後の性格に影響を与えるとは意外かもしれませんが、私達の行動にはその頃の名残りが結構、伺えます。例えば、落ち着かなくなるとガムをかんだり、タバコをくわえる人は少なくないですが、こうした口唇の関与する行動がストレス発散に欠かせない人は口唇期に何らかの葛藤があるのかもしれません。性的発達段階の理論によると、口唇期に固着してしまうと、成人後、口唇期性格が強く現われてきます。次に、口唇期性格の特徴を詳しく述べます。

口唇期性格の特徴

口唇期である生後18ヶ月までの期間は自分を世話してくれる人が必須です。生後まもない乳児は自分では何もできず、全面的に他人に依存する必要があると共に他人、特に、親を信頼する事を学びます。乳児は母親の乳を本能的に吸いますが、乳児にとって口唇は生存に必須の器官であると共に人生で最初の快楽をもたらす器官でもあり、実際、おしゃぶりをすると泣き止む乳児は多いです。

口唇期において、母親が外に出かけっぱなしなどの理由により、乳児の欲求が満たされなくなると、心に葛藤が生じてしまい、口唇期をうまくクリアーできなくなります。反対に、乳児への世話が至れり尽くせりで、欲求が過剰に満たされている場合も口唇期に固着が生じやすくなります。口唇期に固着が生じる、つまり、口唇期をうまくクリアーできなかった場合、成人後、以下のような口唇期性格が目立ってきます。
  • 他人を頼り過ぎる 
  • 悲観的になりやすい 
  • 他人の批判に敏感である 
  • 他人に攻撃的になりやすい 
  • 他人に不信感を持ちやすい
こうした傾向が強くなり過ぎてしまうと、例えば、他人への依存心が強くなり過ぎてしまう「依存性パーソナリティ障害」では対人関係など日常生活を送る上で深刻な問題が生じやすく、心理療法を受ける事が望ましくなります。

口唇期をうまくクリアーできた人でも、よく注意してみると、口唇期の名残りが少なからずあると思います。例えば、ソフトクリームを舌で味わっている時、何だか幸せな気持ちがしたら、それは人生最初の口唇期に覚えた快楽でもあります。

人は辛い時、その辛さから心を守る為、何らかの防衛機制を取りますが、辛い時、子供っぽくなってしまう事も退行と呼ばれる防衛機制の一つです。もしも、みなさんの周囲に時々、子供っぽくなってしまう人がいらっしゃったら、どの時期まで退行しているのかもちょっとチェックしてみましょう。指を口でくわえる、爪を噛むなど口唇に関わる子供っぽさが見られたら、口唇期に何らかの葛藤が生じてしまったのかもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項