高齢者ならではの合併症には注意を


前ページの相談者の症状は典型的なEDですから、ED治療薬を試してみる価値はあると思います。ガイドのクリニックにおいでになる70代の方も少なくありません。高齢のED患者の場合には、年のせいだから仕方ないという諦めや、治療に対する心理的抵抗、高齢者の性に対する理解不足が治療をためらわせることが多いのは相談者の訴えにある通りです。

特に、患者が高齢者の場合、治療に当たる医師も看護師も自分より若い年代であることが大半だと思われるので、医療機関側には患者の心理に考慮した十分な対応が求められるでしょう。

これまでの連載で見てきたように、ED治療薬による副作用は一般の治療薬と比べても、ことさら特別で強いというわけではありません。ED治療薬は硝酸薬を除いてほとんどの場合に併用可能なので、高齢であるからといって必要以上に心配することはありません。

ただし、高血圧や糖尿病、心疾患など、高齢者ならではの合併症が疑われる場合には注意を要します。病医院での診断時には、服薬している薬剤名を明らかにしながらドクターに相談するとよいでしょう。

豊かな老後に不可欠なパートナーの存在


いつまでもエイジレスでハッピーな人生を!
来たるべき超高齢化社会の到来に伴って、ED患者も必然的に増えてくると考えられています。その一方で、豊かな老後を楽しみたいというライフスタイルも関心を呼ぶでしょう。

「豊かな老後」には当然、高齢者の性生活という要素も含まれています。加齢に伴う男性機能の衰えは避けられないものと考えられてきたこれまでとは違い、近年ではED治療薬をうまく活用すれば、エイジレスで性生活を楽しむことが可能になってきました。

とはいえ、高齢者の場合にはパートナーも高齢であったり病気がちであったりすることが多いはず。また、高齢者のパートナーの場合には膣の分泌障害に伴う性交痛を訴える場合もあるでしょう。こうしたことへのケアも見過ごせません。

つまり、高齢者の豊かな性生活には男性機能の改善だけでなく、パートナーを心身両面で気遣う気持ちが何より大切です。EDの解消で毎日の生活に張りができ、生きる喜びを実感しているという高齢カップルは少なくありません。

「仕方ない症状」から「克服できる病気」へ。EDは年齢に関わりなく治療可能であることを改めて強調しておきたいと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。