ステロイドの乱用は心にも悪影響が出ます (この写真はステロイド錠剤ではありません)

蛋白同化ステロイドの乱用は心にも悪影響が出ます (この写真はステロイド錠剤ではありません)

スポーツ選手による蛋白同化ステロイド(筋肉増強剤)の使用は、競技の公正さを損なう大きな問題であり、ドーピングでオリンピックのメダルを剥奪されるというニュースは特に珍しい事でもないですが、蛋白同化ステロイドの使用は米国ではプロのみならず高校生にまで蔓延していて大きな社会問題となっています。今回は蛋白同化ステロイドの副作用が心身共に幅広く現れ、その使用者の健康にいかに大きな危険となるかをお話したいと思います。
 

どうして蛋白同化ステロイドを使うの?

蛋白同化ステロイドを使用すると短期間に筋肉が増強され、スピードとパワーはアップし、競技能力が向上します。名誉と大金の絡んでいるプロスポーツの世界では他の選手に差をつけるために蛋白同化ステロイドの誘惑に負けてしまう選手が後を絶ちません。


どうして蛋白同化ステロイドを使用すると筋肉モリモリになるの?

蛋白同化ステロイドはその構造が男性ホルモンのテストステロンに類似しています。男性ホルモンの作用には筋肉をつける働きがあり、この作用により、一般に男性は女性より筋骨たくましくなります。蛋白同化ステロイドの使用で筋肉が増強するのはこの男性ホルモン様の作用によります。


どうして蛋白同化ステロイドは禁止されているの?

蛋白同化ステロイドの使用はスポーツ競技の公正さを損なうのみならず、使用するスポーツ選手の身体面、精神面に悪い影響が出るためです。極端な言葉で言うと、心身共にボロボロになってしまいます。

男性にも女性にも現れる蛋白同化ストロイドの副作用には以下のものがあります。
  • 高血圧
  • 肝障害
  • 顔と背中に現れる重いにきび
  • 発ガン性
  • 血栓の形成、梗塞の発生のリスクが高まる
  • じん帯を痛めやすい
男性に現れる副作用には次のようなものがあります。
  • 精巣萎縮
  • 性的不能
  • 女性化乳房
  • 前立腺の肥大
女性に見られる副作用には以下のような男性化症状があります。
  • 体毛が濃くなる
  • バストのサイズが小さくなる
  • 声が深くなる
  • 無月経

蛋白同化ステロイド乱用による精神症状

蛋白同化ステロイド使用の為に現れやすい心の症状には以下のものがあります。
  • 気分は落ち込み、死にたくなる
  • 妄想
  • 攻撃的になる(ステロイド乱用により攻撃的になってしまい殺人事件が起きたこともあります)
  • 気分の変動が激しい
  • パラノイア(偏執的)になる(猜疑心が強まり他人を信用できなくなる)
  • イライラしやすい
このように蛋白同化ステロイドの使用は心身の健康に対して大きな危険となります。たとえ蛋白同化ステロイドを使用してオリンピックで金メダルを取ったり、野球でホームランを打ったりしても、いかさまです。やはり、薬物に頼らず地道に練習を重ねることによって素晴らしい成績を残し、子供たちの良いお手本になってもらいたいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項