うつ病で消耗してしまった心のエネルギーを回復させるために、治療は不可欠です
うつ病は早期に治療を受ければ、比較的容易に回復できますが、未治療のまま放置されると、自殺の可能性もある深刻な病気へと変わってしまいます。うつ病から回復する為には治療が不可欠です。

今回はうつ病の治療法と最低限知っておくべきことについて、解説します。

心のエネルギーを回復するために
まずは抗うつ薬が必須

一旦、日常生活で誰にでも時に起きてしまうブルーな気分を超えて、治療が必要なレベルのうつ病になってしまうと、心のエネルギーを回復するために、抗うつ薬による治療が不可欠になります。

たとえ、うつ病になるきっかけが、解決困難な何らかの問題であったとしても、その問題へ対処するために、まずは抗うつ薬によって心のエネルギーを回復する必要があります。

うつ病では思考のスピードが顕著に低下してしまい、悲観的な思考パターンが頭を支配するので、問題を解決しようと無理に心のエネルギーを費やすことで、かえってうつの症状が悪化してしまうことがあるのです。

精神療法・心理療法

抗うつ薬以外の重要な治療法として、医師や臨床心理士などと話をする、精神療法や心理療法があります(心理療法は「カウンセリング」と呼ばれることもあります)。

話す事はそれ自体に気持ちを楽にする効果があります。さらに精神療法・心理療法の場合は、うつの症状を悪化させている、思考に潜んでいる不合理性などの心理的要因を見きわめることができるのもポイントです。

明らかになった原因に対処する事によって、抗うつ薬による治療との相乗効果を得られ、うつからの回復を早める事ができます。

入院

もしも、自殺をほのめかすなど、本人の生命を害するようなリスクがある時や、自分では日常生活に必要なことができないほど、うつの症状が深刻なときは入院が望ましくなります。

患者さんの状況に合わせて、入院時のケア方法は変わります。

抗うつ薬に対する誤解と注意点

もしも、抗うつ薬に対して、「うつ病で大きく落ち込んだ気分を、強力に高める治療薬」というイメージがあったら、それは大きな誤解です。

抗うつ薬の原理は、即効的に気持ちを高揚させるのではなく、気持ちの病的落ち込みと深く関連している、脳内の神経伝達物質系の働きを調整する事にあります。治療薬の効果が感じられるまで、通常、一週間近くかかるので、焦りは禁物です。

すぐに気持ちの落ち込みが改善されないということは、後々、抗うつ薬に対する依存を生じさせない利点にもなります。

うつ病と家族の問題について詳しく述べます。


精神科検索



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項