腰痛 病院・治療院・クリニックの探し方

病院
腰痛になったら、どこを受診するか迷うこともあるようです。
腰痛になった時、どのような医療機関を受診するでしょうか? ある人は整形外科へ、またある人は、マッサージやカイロプラクティックなどの代替医療を選んだりと、様々だと思います。

しかし、どこへ行ったらよいか、どのように選んで受診するべきか迷うことも多いと聞きます。そこで、腰痛やそれに関わる症状が出た場合の受診についてお話しましょう。


最初に受診するのはどこ?

腰痛
腰痛の原因も様々ですが、早急に受診が必要なケースもあります。
腰痛には、様々な原因がありますが、すぐに病院で検査を受けたほうが良い場合と、少し様子をみても問題がないケースがあります。

重い物を持ち上げた拍子に、腰をギクっと痛めてしまったという「ぎっくり腰」では、すぐに病院で検査を受けなくても自然と回復していく場合が多いです。ですが、日毎に悪化したり、冷汗や吐き気、しびれなどが出てきた場合は、整形外科での受診が必要です。


病院での受診が必要な場合とは?

脊椎の疾患や内臓の問題が関連する腰痛もあります。最初に整形外科を受診すると、必要に応じて他の科を薦められることがあります。

次のような症状があれば早急に受診しましょう。
  • 痛みが激しい
     
  • 睡眠中にも痛みで目が覚めるなど、夜間の痛みがある
     
  • 安静にしていても痛む
     
  • 腰痛以外にも気になる症状がある
     
  • 下肢のしびれ、痛み、脱力感がある
     
  • 発熱や嘔吐がある
     
  • 排尿・排便異常がある
     
  • 立っていられない、歩行困難
     
  • 症状がやわらぐ姿勢が無い

整形外科

診察
慢性腰痛・急性腰痛・ふとももや足の痛みやしびれがある場合は、整形外科へ。
慢性的な腰痛、ぎっくり腰のような急な腰痛、足の方へのしびれ、痛みなど、腰や下肢への症状があれば、整形外科での診察が適しています。事故・転倒後の腰痛やスポーツがきっかけで起こった腰痛についても相談可能です。

状態により、通院が必要になる場合もあるため、なるべく近隣の整形外科のほうが、通院しやすいです。整形外科では、背骨の状態や姿勢を確認したり、患部を触っての診察、そして、痛みやしびれについての神経学的な検査も行います。

椎間板や脊椎がどのようになっているか、詳しく調べるために、単純X線(レントゲン)検査やX線CT検査(コンピュータ断層撮影)・MRI(磁気共鳴画像)・シンチグラフィーなどを用いることもあります。


ペインクリニック

ペインクリニックの看板もよくみかけると思いますが、腰痛や下肢痛をはじめとする様々な痛みに対し、局所麻酔薬の注射を行います。神経ブロック療法といい、痛みの経路を遮断して、痛みによる交感神経系の緊張・血行不良・痛みの増悪を断ち切ります。

神経ブロックは、鎮痛薬がなかなか効かない、という場合にも効果が出ることが多いです。時間の経過とともに回復が見込まれる激しい腰痛だったとしても、回復までになるべく痛みを感じないようにして、生活を送りたいというケースにも使用されます。


マッサージ・カイロプラクティックなどの代替医療

治療院
治療院によって、施術も様々です。自分に合った施術方法や相性の良い先生であることが回復に影響します。
医師の診察を受け、特に異常がみられなかった場合や、疲労するとつらくなる慢性的な腰痛の場合は、鍼灸・マッサージやカイロプラクティックなどの先生に相談してみるのも良いと思います。

また、民間療法はあらゆる種類のものがあり、腰痛の原因の捉え方がそれぞれ異なっていたりもします。

施術を体験した身近な人の話やクチコミ情報なども参考にしながら、ご自身に合う施術方法を探し、数回施術を受けて症状の変化をみてみましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。