抜歯後の食事や入浴はどうすればよい?

抜歯後

虫歯や親知らず抜歯後は、いつも通りの生活をしてよいのでしょうか? よくある疑問に回答します

虫歯や親知らずなどの抜歯後、食事やお風呂など細かなことが気になることはよくあるもの。今回は抜歯前に知っておくと安心な、抜歯後の注意点や疑問について解説します。

抜歯当日の注意点……抜歯後の食事・痛み・入浴・飲酒

血をサラサラにするような薬、骨粗鬆症の薬を服用している場合は、必ず抜歯前に伝えること

血をサラサラにするような薬、骨粗鬆症の薬を服用している場合は、必ず抜歯前に伝えること

■麻酔が切れるのは1~3時間後
歯の麻酔は、一般的に1~3時間程度で切れてくることがほとんど。痛み止めの服用を勧められた場合は、この間に飲むのがよいでしょう。

■食事は出血が止まってから
抜歯後出血が完全に止まっていれば、30分後程度で可能。ただし2つの点に注意。
  • 麻酔のため温度感覚が麻痺するので、食べ物の温度には要注意。
  • 麻痺しているので頬の内側の肉を噛んでしまうことがあります。少し意識しながらゆっくりと食べるようにしましょう。
■食べ物が抜歯の穴に入るリスク
抜歯の際、歯ぐきを縫い合わせないこともあります。この場合黒っぽいジェル状の固まりが穴の奥に出来るので、これが飛び出さないように注意しましょう。もし食べ物が穴に落ちたように見えても、あまり気にせず軽くゆすぐ程度にすると良いでしょう。

■抜歯後の喫煙、飲酒は当日は控える
出血が止まりにくくなったり、傷の治りが遅くなる恐れがあるので、できれば抜歯当日の喫煙や飲酒は控えた方が無難です。

■抜歯後のお風呂はシャワー程度で
抜歯当日は、体が温まると血行が良くなり出血しやすいので長湯は禁物。シャワー程度で。

■抜歯後の痛みが続く場合は痛み止めを服用
麻酔が切れると多少に関わらず痛みが出ることがほとんど。もし痛んでもさらなる治療でピタリと止める方法はないので、当日は痛み止めを服用して安静にします。

■出血が続く場合は適切に対処を

口の中が真っ赤になるほど出血がある場合は、清潔なガーゼやティッシュなどを抜歯部分に置いて圧迫止血を10~30分程度試してみて。完全に血が付かなくなるまで続ける必要はなし。唾液ににじむ程度であれば自然に止まることがほとんど。

抜歯翌日の注意点……抜歯後の痛み・出血・腫れ

■痛みが治まらない場合は痛み止めの服用を
炎症を起こしていた歯や骨に潜り込んでいた歯などの親知らずは、抜歯後に2~3日は痛みが続くことも。引き続き痛み止めを服用して様子をみます。

■抜歯後の痛みがなくても抗菌薬は飲みきるべき
痛みがなければ、痛み止めは飲まなくても良いことも。ただし抜いた傷口から、細菌が血液中に入り込んでしまう恐れがあるので「抗生物質」「化膿止め」「抗菌薬」といった説明で処方されている薬は、途中で止めずに飲みきることが大切です。

■ひどい出血が続く場合は病院に相談を
完全に止まらず唾液ににじんでいる程度は心配なし。抜歯当日と同じように続く場合は、病院に相談してみましょう。

■抜歯の穴が気になる場合も無理にケアしない
しばらくの間は抜歯の穴に食べ物が落ちることが気になるもの。基本的には無理に取ろうとしないで、軽くゆすぐ程度で対応しましょう。

■腫れてきた場合は慌てず軽く冷やす

腫れはケースバイケース。全く腫れないこともあれば、卵が入っているように腫れてくることも。これらは自然な反応なので、軽く冷やす程度にして慌てないように。

抜歯翌日~1週間……抜歯後の糸・痛み・麻痺に関する不安

■歯ぐきを縫った糸を抜くのはいつか
歯ぐきを縫い合わせた場合は、自然に溶ける糸でないことが多い。約1週間程度で抜糸するのが普通。もし途中で縫い合わせた糸が自然に取れても、歯ぐきがある程度固定されていればそのままでも問題なし。

■穴が完全に塞がるのはいつか
抜歯の穴が完全に塞がるまでは、1~6ヶ月程度かかるのが普通。

■痛みが続く場合はどうすればよいか

1週間以上痛みが続いて、抜いた穴の奥にジェル状固まりができず、骨が露出したような状態になると「ドライソケット」の可能性があります。この場合、洗浄と抗菌薬などを塗り込むといった治療を、1ヶ月程度病院で繰り返し行なうケースもあります。

■あごの一部が麻痺した場合はどうすべきか
親知らずなどが、最初からあごの骨の内部の神経接触していたりすると、抜歯によって麻痺することも。短期~長期的目線で、治癒していくのを待つことになります。

■抜歯した部分がしみる場合はどうすべきか
よく親知らずを抜いた後、何故かしみる感じがすることがありますが、原因はその手前の歯であることが多いです。これは、親知らずが原因で虫歯になっていたり、骨が溶けて根が露出したりするため。傷口がある程度落ち着いたら虫歯の治療を行いましょう。根の露出が原因の場合は、しばらく様子を見ることもあります。


歯は抜歯しやすいものから、なかなか抜歯できないものまでいろいろです。一度で全部抜けないといった場合もごくまれにあります。その場合ある程度期間をあけてから再び抜歯した方が、自然に抜きやすい状態に変化していることがあるので、負担が少なくなると考えても良いでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。