歯の感覚がおかしい・歯に違和感が起こる原因は?

歯の感覚がおかしい・歯に違和感が起こる

歯に違和感を感じることは意外と多い

我慢できないほど痛いわけではないが、歯が何となく疼く、歯が重く感じる、叩くと痛い感じがする……など、歯に違和感が現れることがあります。歯に違和感があるときに考えられる主な病気について解説します。

<目次>  

虫歯

虫歯はしみる、鈍くひびく、重いなどの様々な違和感を引き起こします。特に水や風がしみるなど、冷たい刺激に対して敏感に感じる傾向。

 

歯髄炎(しずいえん)

虫歯の細菌が、歯の神経部分の歯髄に侵入した状態。しみる程度の違和感であったものが、ビーンと響いたり、鈍い痛みに変化した時には歯髄炎の可能性が高まる。

 

歯周病

歯周病が歯に与える違和感として最も一般的なのは、「歯が揺れる」こと。もし歯茎からの出血も伴うようであれば、かなり進行している可能性も。

 

咬合性外傷(がいしょうせいこうごう)

歯の咬み合わせが問題で起こる。痛みとなってしまう前の段階で、比較的長期間に渡って噛むと違和感を感じたり、水がしみるなどの症状が現れる。

 

知覚過敏

虫歯などがなくても、冷たい水などがジーンとしみたり、歯磨きの際に毛先が当たると痛くなったり、甘い物がしみたりすることもある。

 

顎関節症

大きく口を開けた際に耳の周辺から「パキッ」と音が鳴ることがある。これは顎の関節の一部が骨の一部から滑り落ちる顎関節症の一種と考えられる。

 

歯根嚢胞(しこんのうほう)

歯の神経の入っていた内部の空間が感染することで起こる。歯が浮いた感じ、重い感じがあり、歯が骨に固定されている付近を指で押すと何となく痛いような感じがする。悪化すると寝ている時に脈拍にあわせてズキズキする場合も。

 

歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)

上の歯の内部の感染などが原因で、目と歯の間にある上顎洞と呼ばれる空間が時に炎症を起こす。慢性化した場合、鼻づまりを起こしたり、蓄膿が続いたりすることも。

 

詰め物などの脱落

金属性の被せ物やブリッッジなどが、揺れたり、ずれたり、浮き上がったりした場合、違和感となることあり。外れそうになったものがたとえ一度元に戻ったとしても、しばらくすると外れてしまうのが一般的。

 

歯ぎしり

就寝中の歯ぎしりが原因で、朝起きた時に歯が痛い、うずくような感じになる。

このように歯・口の病気の中には、痛みが直接的に起こりやすい歯の神経などのトラブルの他に、歯周病などのように痛みを伴わない違和感程度の状態で、悪化していく病気も多いものです。

しかし、実際の臨床では違和感を若干感じるものの、特に心配するような炎症などが認められないため、そのままで治療せずに経過観察した方が、むやみに治療を繰り返すよりも、その歯の寿命の延命につながるといったこともまた事実です。

違和感は、あくまでその人も持つ感覚という基準で判断することになるため、実は病気の判断材料としては不安定なものです。実際には目視による状態の確認、レントゲンや検査などで原因の特定が必要で、感覚以外に決定的な問題点の発見が重要となります。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項