歯にものが挟まることが多い……

食変圧入

デンタルフロスで取れない時は問題が大きくなっている可能性がある

■ デンタルフロスで簡単に取れる場合
虫歯はまだないか、あっても軽度。しかし挟まる原因は、歯と歯に隙間にあります。そのため自然治癒する可能性は低く、ものが挟まることを繰り返してしまうのが特徴。きちんと取り除いていられるうちに、一度病院でチェックしてもらいましょう。

■ 歯間ブラシでも取りにくい場合
フロス、歯間ブラシでも取れないなら危険。金属の被せものやはめ込みがある場合、金属と歯の境目が虫歯になっている可能性が高いです。さらに歯と歯の間の、歯周病が進行している可能性もあります。

歯にものが挟まっている場合、放置すればするほど悪化します。すると歯ぐきが下がってしまったり、治療しても元の状態に戻らなくなったり、歯がしみることが続いてしまうなどトラブルに繋がります。気になる場合は、なるべく早めに病院に行きましょう。


ブラッシングする時だけ歯が痛い

普段は痛みがないが歯磨きすると「ピリッ!」と痛みを感じる場合の多くは、知覚過敏症が考えられます。根元の周りの象牙質などが露出して、歯ブラシの刺激を痛みとして伝えてしまいます。原因としてよくあるのが、噛み合わせ時の衝撃で、歯の表面に微細なヒビ割れを起こさせ、それが蓄積されて知覚過敏を引き起こしていることもあるので、まず病院で噛み合わせのチェックをしてもらいます。歯ぎしりがある場合も知覚過敏を起こしやすい様です。

もし鏡を見て、歯がえぐれる様に削れてしまっている場合は、樹脂などを詰めたりして、敏感な露出部分を保護することもできるので、かかりつけの病院などで相談してみてください。

歯ぐきから出血する

歯ぐきから出血する場合、一般的な傾向として、虫歯が原因というよりも、歯周病や歯肉炎を疑います。

健康な歯ぐきは、極端にゴシゴシ歯磨きしていないのであれば、電動歯ブラシなどを使っても出血することはほとんどありません。普段あまり熱心に磨いてなく、ときどきしっかり磨こうとすると歯ぐきから出血する場合は、すでに歯磨き不足が原因で歯ぐきが炎症を起こしているため、少しの刺激で出血しやすくなるのです。

プラークはブラッシングで取り除かないと、だんだん堅くなり歯石に変化していきます。一度歯石になってしまうと、歯ブラシだけでは取り除けなくなり、歯ぐきも炎症を起こして出血しやすい状態が続きます。こんな時は、一度病院でチェックしてもらう様にしましょう。

痛みで歯が磨けない

それまで違和感程度だったものが、歯ブラシも当てられない程、痛くなることがあります。その原因は大きく分けて2つです。

1. 虫歯が原因で歯の内部が炎症を起こして「歯髄炎」となってしまった場合
2. 急激に歯周病が進行して歯がグラグラして痛い場合

いずれも歯磨き出来ないほど痛い場合は、状況は良くありません。最悪抜歯の可能性も……。そのまま放置しても自然に収まらないどころか、治療を行なってもすぐに痛みが無くならず、苦労することが多くなります。すぐに病院で診てもらいましょう。

歯磨きした後は、鏡で歯を見たり口の中のことを考えるチャンスです。毎日の歯磨きで起こる違和感を見逃さずに、早期発見に繋げましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項