できるものなら自分の歯で一生食べて行きたいと誰もが思うものですが、実際には年齢と共に歯を抜く経験をする方が増えるのが現実です。どんな時に歯を抜くのかを解説します。


歯を抜くと炎症が治るわけ

歯を抜く道具
痛くなったり腫れたりするトラブルも、歯を抜いてしまえば治ってしまう。しかし最近では、ギリギリまで歯を残す治療が行なわれることが多い。
歯が痛くなるのも、歯肉が腫れるのもほとんどが目に見えない細菌が原因で起きます。

■細菌のみを取る方法……歯磨き・虫歯治療など

虫歯の治療でも歯周病の治療でも、共通していることがあります。それは細菌を機械的に歯から削り取る、といった行為です。

歯磨きはブラシで、虫歯治療はドリルで、歯周病治療は、超音波振動器具などで細菌を落とします。 

■細菌を歯ごと取る方法……抜歯

抜歯が行なわれるような、進行した虫歯や歯周病の痛みや腫れなども、一般的に歯についている細菌が原因です。一本の歯全体に、虫歯や歯周病が拡がると、歯自体が細菌の塊のような状態になり、細菌のみを取ることができなくなります。

抜歯とは、細菌だけを削ったり擦り落としたりするのではなく、原因となっている細菌を歯という塊で、口の中から取り出してしまう行為なのです。


抜歯が検討されるケース

現在の歯科治療では、極力、歯を抜かない方向で治療が行なわれています。しかしそれでもまったく歯を抜くことがなくなったわけではありません。皆さんが遭遇しやすいのは、次のような場合です。

■虫歯が根の奥に大きく拡がったとき
歯肉で見えない、歯の根元の方まで虫歯が拡がり、虫歯を取ってしまうと、歯そのものがなくなってしまうような場合は抜歯することがあります。 

■歯周病などが進行したとき

歯周病は歯の周囲に細菌が付着したままになることや、咬み合せなどが原因です。進行して顎の骨が吸収し、歯の周りに骨が無くなってしまった場合には、抜歯することがあります。

咬み合せが歯に負担になっているとき
歯で物を咬むたびに特定の歯に無理な力がかかるような場合には、歯周病を悪化させやすくひどい場合には、抜歯することがあります。 

■歯の根にヒビが入って割れたとき

割れ目を伝わり細菌がどんどん奥に侵入して炎症を起こすため、歯が縦にヒビが入って割れた場合には、抜歯することがあります。 

■治療しても治らないとき

治療を行なっていても、まれに回復の反応を示さずに、症状に変化が見られないか悪化していくような場合があります。このような場合は最後の手段として、抜歯することがあります。 その他にも歯の矯正の際や、親知らずなど、歯を抜かなければならないケースは他にもたくさんあります。


抜歯を避ける方法

美味しい食事は健康な歯から
定期的な検診は、自分の歯を守る最も有効な方法の一つです
毎日の歯磨きは基本中の基本ですが、次のような心がけも、歯のために大事なことになってきます。

■歯の治療を中断しない
一番注意しなければならないのはこれです。歯の治療を始めた時は、できるだけ最後まで治療しましょう。特に虫歯などで神経を抜いた直後に治療を中断すると、歯の内部に細菌が拡がりやすく、抜歯に繋がるケースがあります。 

■歯並びが悪い部分に特に注意する

歯並びが悪いとその場所に汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。歯磨きするときは、意識してじっくり磨きましょう。 

■虫歯は小さいうちに治療する

虫歯の治療は、早ければ早いほど、歯に対してのダメージも少なくて済みます。さらに治療時の痛み、費用、時間など全ての面でメリットがあります。痛くなるで我慢すると、歯の寿命は短くなりがちです。 

■できれば定期的な検診を受ける

歯周病などは、定期的な検診を行なうことによって、いきなり歯を抜かなければならないような状態になることを防ぐことができます。また虫歯などが早期に見つかることもあります。

治療を一時的に中断すると、一気に「歯を抜くか?抜かないか?」の瀬戸際まで悪くなるケースは少なくありません。応急的に痛みが止まったとしても、安心しないようにしましょう。

歯を抜く状態になるまでには、歯からいくつものメッセージが発せられます。「穴が開いた、咬むと痛い、水がしみる、歯肉が腫れた」などの症状がある場合には、勇気を持って早めに病院で相談するようにしましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項