肺炎球菌が原因となる病気・症状

肺炎球菌ワクチン・予防接種の効果と副作用

肺炎球菌は2つつながった形で丸い菌です(ワイスより引用)

肺炎球菌は、その名の通り、肺炎を起こす細菌です。インフルエンザ桿菌b型(Hib)とともに、髄膜炎の原因にもなります。顕微鏡で見ると丸い形をしています。肺炎球菌が引き起こす主な病気は以下の通り。
 
  • 気管支炎・肺炎
  • 副鼻腔炎・中耳炎
  • 髄膜炎
  • 骨髄炎(菌が骨の中に入る)
  • 関節炎(菌が関節の中に入る)
  • 敗血症(菌が血液に侵入する)

これらは子供に多い病気です。髄膜炎について詳しく知りたい方は「髄膜炎とは…原因・症状・検査法・有効な予防接種」「髄膜炎の治療・合併症・予防法」をご覧ください。

肺炎球菌には菌の周りを莢膜(きょうまく)という強力な膜があり、白血球の免疫機能に抵抗を示します。つまり、白血球によって、菌は排除されない状態になります。肺炎球菌は、主にのどや気道の粘膜に付着して感染を起こし、血流に入って、脳や関節、骨髄など、体の様々な臓器侵入し、臓器を破壊してしまうこともある菌です(侵襲性肺炎球菌感染症)。

肺炎球菌に対する抵抗力として、肺炎球菌に対する抗体がありますが、母親からの肺炎球菌に対する抗体は生後2ヵ月で減少してしまいます。そのため、生後2ヵ月からワクチンが必要になります。

肺炎球菌の莢膜(きょうまく)は93種類。全種類に対応できるワクチンはありません。成人や大きな子どものための肺炎球菌ワクチンは、23種類の菌に対する免疫をつけることができる一方で、小さい子どもでは十分な免疫をつけることができません。そこで、開発されたのが、肺炎球菌結合型ワクチン、商品名プレベナーです。病気を起こす肺炎球菌の種類のうち、7種類に対応したプレベナーで約80%を、13種類に対応したプレベナーで約90%をカバーすることができます。

ドイツの報告で、16歳未満で死亡率の高い肺炎球菌の種類は、7F・23F・3・6A・9V・14・4・6B・19Fでした。

7種類に対応したプレベナー(7価肺炎球菌結合型ワクチン):4・6B・9V・14・18C・19F・23F
13種類に対応したプレベナー(13価肺炎球菌結合型ワクチン):1・3・4・5・6A・6B・7F・9V14・18C・19A・19F・23F

になっています。

アメリカのデータでは、肺炎球菌ワクチン導入によって肺炎球菌による重症例である侵襲性肺炎球菌感染症の年間発症率が、平均95.2例/10万人から平均 22.6例/10万人と約4分の1に減少したと報告されました。プレベナーが有効な肺炎球菌での侵襲性肺炎球菌感染症は、年間発症率を平均78.9例 /10万人から2.7例/10 万人と約30分の1まで減少できると、著明な効果が報告されました。

世界100国以上で使用されています。
 

肺炎球菌ワクチンの接種時期、あけるべき間隔

プレベナー

肺炎球菌ワクチンです。商品名プレベナー(ファイザーより引用)

今回発売された肺炎球菌ワクチンの商品名は「プレベナー」。不活化ワクチンのため、複数回接種する必要があります。対象年齢は、生後2カ月以上9歳以下の子供。年齢によって接種回数が異なります。

■生後2カ月以上7カ月未満
  • 初回接種:1回0.5ml を27日間以上の間隔をあけて3回接種。
  • 追加免疫:3回目接種から60日間以上の間隔をあけて生後12ヶ月~15ヶ月の時に1回接種。
■生後7カ月以上12カ月未満
  • 初回接種:1回0.5ml を27日間以上の間隔をあけて2回接種。
  • 追加免疫:2回目接種から60日間以上の間隔をあけて生後12ヶ月の時に1回接種。
■生後12カ月以上24カ月未満
  • 60日間以上の間隔をあけて、2回接種
■生後24カ月齢以上6歳未満
  • 1回のみ接種
以上のスケジュールで行います。小さい子供ほど接種回数が多いのは、年齢が小さいほど肺炎球菌に対する抗体の上昇がよくないからです。ただし、定期接種になったため、初回3回と追加が標準接種になります。それ以外は接種もれの子どもたちの接種スケジュールになります。
定期接種では、13種類の肺炎球菌に効果がある「プレベナー13」が使用されています。
 

肺炎球菌ワクチンの副作用

主な副作用は、接種部位の腫れ、発赤。頻度はそう多くないものの、発熱や眠くなる傾眠傾向がみられることも。このワクチンは同時接種されることが多いのですが、同時接種によって、副作用が統計的に有意に増えたことはありませんでした。
 

肺炎球菌ワクチンの費用

以前は任意接種で、全額自己負担でしたが、平成25年4月から定期接種になりました。日本でもアメリカのように5歳未満人口10万に対して侵襲性肺炎球菌感染症の罹患率(罹った子どもの割合)は、2008年から2010年までの3年間の平均は2.81でしたが、2013年(平成25年)では1.10となり、61%減少しています。

さらに、平成25年11月から7種類の肺炎球菌に効果のある7価ワクチンから13種類の肺炎球菌に効果のある13価ワクチンになりました。7価の対象の肺炎球菌の種類には効果があったのですが、7価以外での種類による侵襲性肺炎球菌感染症が増えつつあったため、13価ワクチンになりました。そのため、より幅広く効果を発揮することになります。
 

高齢者が接種できる肺炎球菌ワクチン・接種の対象者

2014年6月から65歳以上の高齢者が「プレベナー13」を接種できるようになりました。しかし、成人での定期接種は、2014年10月より高齢者の肺炎球菌ワクチンで、23種類の菌に対する免疫をつけることができるニューモバックスNPが使用されます。

23価肺炎球菌ワクチン(一般名:23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン、商品名:ニューモバックス NP)」の対象者は、

1. 経過措置の対象となる方
2019(平成31)年度に生年月日
65歳となる方 昭和29年4月2日生 ~ 昭和30年4月1日生
70歳となる方 昭和24年4月2日生 ~ 昭和25年4月1日生
75歳となる方 昭和19年4月2日生 ~ 昭和20年4月1日生
80歳となる方 昭和14年4月2日生 ~ 昭和15年4月1日生
85歳となる方 昭和9年4月2日生 ~ 昭和10年4月1日生
90歳となる方 昭和4年4月2日生 ~ 昭和5年4月1日生
95歳となる方 大正13年4月2日生 ~ 大正14年4月1日生
100歳以上となる方 大正9年4月1日以前生
と5歳ごとに接種可能ですが、いずれは65歳以上になる予定です。

2. 60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方

とされていますので、住んでいる自治体で確認しておきましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項