皮膚温度低下タイプの特徴

hie.jpg
寒くて寝つきが悪いことはありませんか?
(血管収縮型・従来の冷え症:全体の60~70%)

■抹消血管収縮型冷え症 
<冷えの場所>主に手足、足先に強い冷えを感じる。
<原因>
1)冷房刺激で抹消血管が過度に収縮し、その結果、血液が足先まで運ばれず冷えを感じる
2)関節が硬くなったり、足の筋力低下により足指の機能低下(外反母趾や甲の薄い足など)によりおこる
<特徴>秋口から春に掛けて症状が強い。手足の血流が通常の1/10に低下することもある。

■内臓温度低下型冷え症 
<冷えの場所>腰から下の冷えを感じる。
<原因>みぞおちのあたりの温度が、おへその下の温度より低いタイプで、下腹部にうっ血を起こし血流量が増加。上腹部の血流が減少して起こり、体に血液がまわりにくくなる。下腹部の臓器が複雑な女性に多い。
<特徴>このタイプの人は、女性は婦人科系疾患、男性は腎臓や泌尿器科疾患になりやすい。長く続くと「次世代型」へ移行することもある。


このように、いろいろなタイプがあるのですね。詳しい対処法はそれぞれ異なりますが、(参考=全国冷え症研究所)まずは日頃から気をつけたいこと、簡単にすぐできる対処法を次回からシリーズでご紹介します。お楽しみに!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項