疲れの緊急ケア法とは?

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/0/1/6/1/2/ofuro1.jpg
忙しくてゆっくり休んではいられない!?
疲れの一番の回復法は、まずは休息をとること。ところが、この休息が取れずに困っている人が少なくありません。そこで、今日一日乗り切れば! というときの即効性の高い疲労回復法をご紹介します。

■休みたい……。でも休めないときは?
疲れを即効でとりたいときには、カフェインが入ったコーヒーなどの飲み物が効果的。交感神経が働いて、集中力が高まります。また、大切な仕事なのに、疲れてしまって……というときはドリンク剤を飲んでもいいでしょう。しかし、根本的には疲労を解消していないことを理解すること。コーヒーは、1日1~2杯までに、ドリンク剤などは、「ここぞ!」という時にしか使わないようにしたいものです。

■仕事が忙しくて睡眠不足!?
睡眠時間を削ってまで、仕事を頑張っているのに、イマイチはかどらないということありませんか? そんなときは、昼寝がおすすめ! 昼寝の効用が科学的に実証されています。昼食を食べて、5~30分程度昼寝をするだけで、午後から仕事がはかどること間違いなし!
(参考: 忙がば眠れ!? 仕事効率を上げる昼寝の仕方

■目が疲れて仕事が辛い!
ついつい仕事に熱中して、パソコンの画面をずっと見っぱなし! ということありますよね。目が疲れてしまうと、頭がズキズキしてきたり、やる気がなくなってしまったり……。そうならないためにも、こまめに目の疲れを解消したいもの。1時間に1回は、遠くを見たり目を上下左右に動かしてみましょう。蒸しタオルで温めるのもおすすめ!

■二日酔いになったら?
朝起きたら、まずは水分をたくさん飲むことが二日酔い軽減の近道! 冷たい水かほうじ茶がおすすめ。そして、ビタミンが摂れる柑橘系の飲み物を1杯程度。食事は油濃いものを避けて、消化がよいものを。豆や魚などでたんぱく質を摂りましょう。

疲れを見せないあの人は生活リズムが違う!? 生活のコツをご紹介します。
   ⇒ 生活習慣の工夫・メンタルケア法 >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項