禁煙ごときで病院なんかに……

禁煙ごときで病院なんかに……
「タバコを止めるためだけに病院なんで行けないよ」と思っている方は、意外に多いのではないでしょうか?しかし、喫煙は医学的根拠にもとづいて取り組むべき疾患なのです。
「タバコを止めるためだけに病院なんて行けないよ」と思っておられる方も多いのではないでしょうか?

しかし、一般に禁煙が難しいと考えられているのは、以下の2つの依存が密接に絡み合っているからだと言われています。
一つは、精神的依存。仕事の合間や食後、考え事や執筆、議論の時などに、どうしてもタバコがなくては落ち着かないと感じるものです。
もう一つは、肉体的依存。タバコにはニコチンという化学物質が含まれていますが、ニコチンの依存性は非常に強く、薬物の血中濃度が下がると、猛烈に欲しくなってしまいます。

禁煙を成功させるためには、この二つの依存を解きほぐしながら、精神的依存についてはカウンセリングを行いつつ、薬物依存症に対しては薬物治療も交えてしっかりと治療することが必要になります。これが、禁煙のために病院へ通院していただくための最大の理由です。

ちなみに、ニコチンへの依存度が高いかどうかは、起床後、一本目のタバコを吸うまでの時間で計ることができます。つまり、起床後、何はなくともまず一服というように、一本目までの時間が短ければニコチンへの依存度は高いと考えられます。次に、病院で治療を受けるための4条件をご紹介しましょう。