家族のストレス、どう解決すべき?

家族間のストレス・親子のストレス

家族同士でも大事なコミュニケーションの取り方。一方的に話したり、頭ごなしに指示したりすると、関係性が悪くなってしまいます

家族のストレスは、家庭の関係性やコミュニケーションとり方の問題が生み出していることが多いものです。問題にはどのような例があるのか、また問題を解決する代表的なアプローチについて紹介したいと思います。
 

「家族システム」のゆがみが家族の問題の背景にあることも

家族の誰かが問題を抱えたとき、問題が生じている本人だけを治そうとしても問題は解消せず、逆に悪化することも少なくありません。

たとえば、学校に行かずに引きこもる子に登校を強要したり、不登校の理由を詮索したりすると、子どもはますます心を閉ざし、登校への意欲がさらに減退してしまうことがあります。

またたとえば、お金を無駄遣いしすぎる家族に対して、頭ごなしに叱りつけ、クレジットカードやスマホを取り上げる対処をするだけでは、本人は不正な形でお金を手に入れようとしたり、別の依存対象を見つけようとするだけで、問題が解決されないままでいることもあります。

上のように家庭のなかで家族の誰かに問題が生じている場合、その問題の原因は本人だけにあるのではなく「家族システム」のゆがみによって生じている場合があります。したがって、本人だけを治そうとしてもなかなか解決しません。家族全体の関係性にゆがみが生じていないか、振り返ってみることが必要になります。
 

ダブルバインド(二重拘束)が家族への不信感を生む

また、家族の絆を不安定にさせるコミュニケーションに、「ダブルバインド」(二重拘束)があります。ダブルバインドとは、本心では「NO」なのに口では「YES」と言う、このように、言葉と感情が矛盾しているため二重のメッセージに拘束されてしまうことです。

たとえば「友達と遊びに行っていい?」と聞く子どもにOKと言いながら、「あなたは遊びに行っても本当に大丈夫だと思ってるの?」などとNOの意味合いを含んだ言葉を添える。このように矛盾した二重のメッセージを同時に受け取ると、子は親の本心がわからなくなり、親に不信感を持ってしまうのです。

また、パートナーから「愛してる」と言われているのに、休日にはいつも独りぼっちにされて不安になる。その気持ちを伝えると、「愛していれば、離れていてもつながっていると信じられるはず。それなのに、どうして信じてくれないの?」などと言われる。このような場合、パートナーの本心を理解できず、相手からの愛を信じたいのに信じられない気持ちに混乱し、精神的に不安定になりやすくなります。
 

家庭の問題は「システム」にある

「家族」の誰かが苦しんでいる場合、その苦しんでいる人だけを治療しようとしても、うまくいかないことがあります。その場合、問題の原因が「家族システム」に問題があることが多いからです。

問題を起こした家族を一方的に非難するのではなく、時間をかけて話を聞き、じっくりと話し合うようにすると、家族システムのゆがみに気づき、問題を根本から解決しやすくなります。

このように、家族全体のシステムを見直してシステムを変化させることで問題解決する方法を「システムズアプローチ」といいます。

家族は一生付き合っていく大切な人です。だからこそ、その家族システムにゆがみが生じないように、何でも話し合いながら、ほどよい関係性を保っていくことが必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項