目標床上時間は、90%以上眠れたら15~30分増やす

睡眠日誌の定期チェック
見直しをせずにやりっぱなしでは、成果が上がりません
1週間を1クールとして、睡眠日誌から実際の睡眠時間を計算します。

1クールの平均睡眠時間が目標床上時間の90%以上であれば、目標床上時間を15分~30分延ばします。5日~1週ごとにチェックを続けて、目標がクリアできれば床上時間を延ばすことを繰り返します。

一方、平均睡眠時間が目標床上時間の80%以下しかなかったら、過去1クールの平均睡眠時間まで目標床上時間を減らします。もし目標床上時間が5時間を切るようなら、5時間に設定します。

80~90%の場合には、目標床上時間を変えません。どうしたら90%以上にすることができるかをよく考えて、できることから実行していきましょう。


ここだけは、チョット気をつけて

「快眠★目覚めスッキリの習慣」
こちらも参考に
睡眠制限療法を始めると、体が慣れるまで数日から1週間かかります。この時期は辛いでしょうが、2~3週間も経つと短い睡眠時間にも慣れ、睡眠の質が高まります。

また、この時期には日中の眠気が強まりますから、睡魔対策を万全にしたり、周りの人の理解と協力を得ておくことをお勧めします。

睡眠制限療法を行うと、自分の心身が本当に必要としている睡眠時間を知り、その時間だけグッスリ眠れるようになります。そうすれば、健康を維持しながら睡眠効率を上げ、さらには、新たに確保できた活動時間を有効に使って、自分の夢の実現に1歩近づくはずですよ!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項