黒豆の色素成分「アントシアニン」に注目!

黒豆

黒い食べ物のブームで、黒豆はおせち料理だけでなく、日常の食事としても消費が伸びています

黒豆は、正式には黒大豆といいます。栄養成分表では、黄大豆と同じとされていますが、なんと言っても特長的なのは、その黒い色素成分です。

漢方などでは、黒い食べ物は腎機能を補うとされ、血液循環、利尿、解毒などの作用があり、血行を行くし、むくみを改善する目的で用いられてきました。近年は科学的にも、この黒い色素成分は、アントシアニンやプロアントシアニジンで、強い抗酸化作用があると言われ、様々な研究報告がされています。

例えば、フジッコ株式会社からは、黒大豆や種皮の摂取により、腹部脂肪沈を少なくする、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させる他、血糖値の上昇が抑制される効果等について報告される(2009年5月)など、黒大豆や種皮成分の健康効果についての研究が進められています。

近年、注目されている黒豆は、お正月のおせち料理としてだけでなく、日常的にも消費されているようです。できることなら、煮豆として食べた時に残る煮汁まで、無駄なく使いきりたいものです。残った黒大豆とともに、ケーキを焼くというまめな人いますが、忙しい時には、簡単にできるドリンクがおすすめです。

次ページでは、黒豆の簡単レシピ「黒豆ココア」についてご紹介します。