独特の花に抜けるような香りやほろ苦さ,シャキシャキとした歯触り。フキは春の訪れを感じさせてくれる山菜の一つです。

春を伝える日本の伝統野菜

香りよくシャキシャキの歯触りもおいしいフキ。

香りよくシャキシャキの歯触りもおいしいフキ。

フキは、キク科フキ属の植物で、日本、朝鮮半島、中国に分布しています。北から南まで日本全国で野生し、数少ない日本原産の野菜の一つと言われています。

市場に出回っている栽培種のフキは、愛知県の早生フキが中心です。他にわずかですが、葉柄が2mほどの大ブキで加工用にされるラワンブキや秋田フキ、関西で栽培される水フキなどもあります。

雪に覆われた凍てつく大地に顔をのぞかせる初春のフキノトウ(フキの蕾)から始まり、春から夏にかけてフキの茎(葉柄)、葉が楽しめます。

苦みやアクの成分に注目

フキは漢方や民間療法では、フキノトウ(花茎)や葉に薬効があり、健胃、咳止め、虫刺され、毒消しなどに効くと伝えられています。

栄養面から見ると、フキノトウは、カリウムや鉄分、亜鉛などのミネラル、β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンEなども含んでいますが、フキ(葉柄)は、カリウムや銅、食物繊維などを含みますが、五大栄養素の栄養価は際立って高いものではありません。

最近注目されているのは、やはり苦みや香り、アクの成分であるファイトケミカルでしょう。フキには、クロロゲン酸、クエルセチン、ケンフェロール、フキノンなどのポリフェノール類が多く含まれます。これらの成分は、動脈硬化やがん、アレルギー症状などを引き起こすといわれる活性酸素を除去する抗酸化作用が注目されています。

特に花粉症については、2002年に西洋フキの香り成分が花粉症等のアレルギー性鼻炎を緩和するという報告があり、サプリメントが注目されていましたが、日本のフキについても、オリザ油化株式会社がJA あいち知多や京都薬科大学の協力のもと愛知フキの抽出エキスに抗アレルギー活性成分があることを見いだしました。詳しくは、オリザ油化株式会社のフキエキスの資料をご覧下さい。

もちろんこうした報告はフキに含まれている特定の成分を抽出したエキスについてですので、食べ物としてのフキを食べさえすれば花粉症やアレルギー症状が治るという話ではありませんから、誤解のないようにしてください。