旨味が多く、GABA生産能力が高いと期待されるエノキタケ

えのきの生食は要注意

えのきの生食は要注意


エノキタケは、旨味が強いキノコとしても知られています。旨味成分のグルタミン酸やグアニル酸が多く含まれています。

私は青菜を煮る時などは、だしを使わなくてもエノキタケをいれればうま味が出るので、時間がないときなどに直接煮物に加えます。忙しい人ほど活用していただきたい食材です。

GABA(γ−アミノ酪酸)は、神経伝達物質のひとつで、交感神経の興奮を抑える作用があります。このため、脳機能の活性作用や、血圧の降下、精神安定、消費エネルギー量を高めて肥満抑制、脂質代謝やアルコールの代謝を促すなどの作用があるのではないかと考えられている注目の成分です。グルタミン酸を多く含むエノキダケは、GABAをつくる能力が高いと見られ、GABAを増やした商品開発の技術開発などもされています。(北海道総合研究機構)

エノキタケの有効成分や、食べるときの注意点と美味しく食べるコツについて解説します。

<目次>  

エノキタケの有効成分……「キノコキトサン」「β-グルカン」

キノコ類に食物繊維が多いことはよく知られています。特に近年注目されているのは、食物繊維の仲間の多糖類「キノコキトサン(キトグルカン)」やβ-グルカンで、腸内環境の改善、血液中の脂質の低下作用、血圧降下作用、また免疫向上など作用があるのではないかと期待されています。

その他にもキノコと同様にビタミンB1、ビタミンB2、日光の紫外線を浴びるとビタミンD2に変わるエルゴステロール、ナイアシン、カリウムなどを含んでいます。
 

健康に役立つ「えのき氷」とは

乾物,血糖値,コレステロール,血圧,免疫,脂質代謝,エノキタケ,健康,ヘルスケア,ダイエット,うま味,生活習慣病,脂質代謝

エノキタケを干しておくと、うま味が凝縮し、日持ちもするので、使いやすくて便利です。

JA中野市では、エノキタケを原材料とした「えのき氷」を開発し、以前話題になりました。これはエノキタケをミキサーにかけてペーストにし、約一時間弱火で煮詰め、冷ました後小分けして冷凍したものです。これを料理に調味料感覚で使います。

「えのき氷」は、硬いきのこの細胞壁を壊して作るため、エノキタケをそのまま食べるよりも、有効成分をより無駄なく利用できますし、たいへんおいしいのです。

ヒト試験による解析の結果、「えのき氷」を料理に利用して毎日3個摂食した試験群では、「便秘の改善」、「むくみの解消」、「冷え症の改善」などの感想が多く寄せられました。

また血液検査では2カ月目の検査から効果が観察され、中性脂肪、総コレステロール、総脂質、LDLコレステロールの値が低下し、HDLコレステロール値は上昇しました。

これらの結果から、「えのき氷」を日常的に摂食することで、脂質代謝異常症や動脈硬化の予防に効果があるのではないかと見られ、研究に注目が寄せられています。

この他にも干しエノキタケ茶なども話題になっており、いっけんナヨナヨとして見える食材ですが、なかなかの存在感を示しています。
 

普通のエノキタケは生食に注意!

いろいろと健康に役立つ栄養成分が含まれているエノキタケですが、食べ方に注意が必要です。最近では「そのまま生で食べられる」という新しいエノキタケもあるそうですが、一般的なエノキタケには蛋白質のフラムトキシンが含まれています。フラムトキシンは強心作用があると考えられていますが、O型赤血球を破壊する溶血作用もあります。ただし熱に弱い性質なので、加熱調理して食べれば、普通に食事をする分には問題はありません。

また食物繊維が多いので、一度に大量に食べたり、しっかり加熱してよく噛むようにしなければ、消化不良を起こしやすくなります。

せっかくおいしくて健康に役立つ成分が含まれているのですから、気をつけておいしくいただきましょう。
 

きのこをさらに美味しく食べるには

旨味のグアニル酸は、生のきのこでは実は多くありません。グアニル酸に変わる前の形で含まれているのです。干したり、冷凍したりして細胞が壊れると酵素の働きでグアニル酸になり、美味しく感じられます。

エノキタケに限らず、たくさんきのこが手に入ったら、干すのも良いですが、使いやすくほぐしてから密封バッグに入れて冷凍しておくと、すぐに使えて便利です。

参考/
・きのこを活用してGABA富化素材を作る(北海道立研究機構)
・実学ジャーナル2014年5月号
・「きのこの秘密-エノキダケ)林業にいがた2005年3(新潟県林業改良協会 & 新潟県森林研究所)
・注目すべき成分と特性(長野県農村工業研究所)
・ナニタベル?(JA中野市)
・UMAMI(うま味インフォメーションセンター)
・えのき氷(東京農業大学)
・キノコの毒性タンパク質による腸管バリアー機能の破壊とその機構解明 (浦上財団研究報告書Vol.7(1999)
・きのこの毒について(モダンメディア64巻9号2018〔食の安全・安心に関わる最近の問題〕
その他

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項