神社などに赤ちゃんの健康をお参りに

お宮参り

赤ちゃんが無事に産まれたことを報告

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝う行事のひとつ。元来、「産土詣」(うぶすなもうで)と「産土参り」呼ばれ、その土地の守り神である産土神に参詣し、赤ちゃんが無事生まれたことを報告し、すこやかな成長を祈るものでした。現在のように「お宮参り」と呼ばれ一般化されたのは室町時代ごろだそう。

最近では、以前のように地元の神社に氏子入りするというような儀式的な意味合いも薄れてきましたから、地元にこだわらず、有名神社などを参詣する人も多いようです。
 

お参りは生後1ヶ月過ぎが目安

 お宮参りの時期は、一般的に、男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目がよいとされています。しかし地方によっては、生後50日目や100日目など諸説あり、特に決まっていません。

赤ちゃんの1ヶ月検診が終わったころを目安に、赤ちゃんとお母さんの体調をみて、日取りを決めましょう。真夏や真冬の場合は、春や秋にずらしてもかまいません。最近は、お父さんの仕事が休みの日に合わせて行うことも多いようです。
 

心身を清めてお宮参りを

家族で近くの神社に参詣し、祈願するのが一般的。お参りの作法は一説として次のように言われていますので、参考に。もちろん、地域によっても、神社など詣でる社寺によっても異なります。

鳥居をくぐり、手水舎で柄杓(ひしゃく)と清水を用いて、手を洗い、口を軽くすすいで心身を清めます。その後、拝殿で、お賽銭(さいせん)を入れたら鈴を鳴らしてお参りを。2回深くお辞儀、2回拍手、願いを込めてお祈りをしたら、もう1回深くお辞儀をするという「2礼、2拍手、1礼」を行う場合が多いようです。

ていねいに行う場合は、神官のお祓い(おはらい)を受け、祝詞(のりと)をあげてもらいます。お日柄によっては混み合うこともありますので、事前に社務所に連絡して予約を入れましょう。予約時には、料金などの確認も。金額の目安は5000円~10000円程度が一般的。のし袋の水引は紅白蝶結び、表書きは「御初穂料」「御玉串料」「お礼」とし、下段には赤ちゃんの名前を書くことが多いようです。神社によっては、お守りや縁起ものをおさがりとしてくださる場合もあります。

>> 赤ちゃんを抱くのは夫側の祖母が一般的