ベルギー屈指の観光地、古都ブルージュ

ブルージュ

童話のような風景が広がるブルージュ

ブルージュ

中心地は何世紀もほぼ変わらぬ風景

「天井のない美術館」、そんな呼び名さえ一寸の誇張なく響くブルージュは、ベルギーで最も人気の高い観光地。童話の絵本のページから抜け出してきたような景観で、中世ヨーロッパの風情を今に伝えます。私の周りで、ブルージュに失望した人はまだ一人も知らないほど。ベルギーに限らずヨーロッパを訪れる予定がある人は、旅のスケジュールにブルージュ観光を組み込むことを強くお勧めします。

ではガイドが鼻息荒めで推薦するブルージュがいったいどのような町か、簡単に町の歴史と魅力をご紹介していきましょう。

 

ブルージュの歴史

ブルージュ

町の運命は水路とともにあった

古くから北海をつなぐ水路のおかげで、欧州有数の商業都市だったブルージュ。15世紀には織物産業の隆盛で町は大いに潤い、「中世のフランクフルト」と言える国際金融市場を形成します。

ところが1482年に入り江が土砂で埋まり、海上交通が閉ざされると運命は暗転。商業の繁栄を港町アントワープに譲り、町は深い眠りに入ります。こうして歴史の表舞台から姿を消したブルージュは、やがて没落の一途を辿るのです。

 

ブルージュ

風車もブルージュの人気者

長い眠りを経て、ようやく古都の歴史に薄日が射し込むようになったのは19世紀の頃。まずは戦争を終えたイギリス人らが、いち早く観光地としての魅力を見出します。なかには物価の安さにひかれ移住を始める人もちらほら。さらに世紀末には、ジョルジュ・ローデンバッハの小説『死都ブルージュ』が世界的なベストセラーとなったことも話題に。

大戦時にはブルージュも占領も経験。敵国ドイツの司令官は町の爆撃命令を受けますが、「この地方で最も美しい町なのだからとんでもない!」と上官の命令をはねのけます。あわや危機一髪で、町は瓦礫の山となる運命から救われたのでした。

こうしてゆっくりと目を覚ましていった“麗しの眠り姫”ブルージュ。世紀を超え、奇跡的に保持された中世の面影を残す“美貌”は、世界中の観光客を魅了し続けます。人口2万5千人ほどの旧市街地内には、現在、毎年320万人の観光客が押し寄せるのです。