一昔前まではポスターがペタペタ貼ってあって、店先には古めかしいのぼり旗、中にはいかめしい顔つきのオジサンが……。そんなイメージが強かった漢方薬局。

しかし、最近はずいぶん様変わりしてきたようですね。全国に数ある漢方薬局ですが、今回は都心にあり、漢方ビギナーでも入りやすい、オシャレな漢方薬局をセレクトしてみました!


気軽に漢方に触れよう! 「ニホンドウ漢方ブティック 品川店」

ニホンドウ漢方ブティック
明るくスタイリッシュな店構えは、まさにカフェかブティックのよう
ここ何年か20~30代の女性の相談が増え、ダイエットや便秘などの悩みも多いそうですが、取材にいったその日は、サラリーマン風の男性が仕事の合間にふらっと立ち寄って、相談している風景も見られました。

「漢方は本来、漢方薬による治療だけではないのです」という通り、健康食品やオリジナル健康茶、薬膳の食材などの販売も手がけたり、体質に合わせたオイルトリートメントや、足ツボのマッサージなどの漢方セラピーも充実しています。カラダの外側と内側の両方からサポートする「漢方養生ライフ」を提案しているのが大きな特長です。

一度漢方相談を受けたら、担当者はずっと変わらずお付き合いしてくれるそうです。さすが日本全国に34店舗構える漢方相談薬局だけあって、心強い存在ですね。

■「ニホンドウ漢方ブティック 品川店」
所在地:東京都港区高輪3-25-29 漢方ミュージアム内 
TEL:03-5420-4193 (フリーダイアル)0120-01-4193
営業時間:11:00~20:00
定休日:無休
交通・アクセス:JR品川駅高輪口より田町方面に徒歩3分
地図: http://www.nihondo.co.jp/customer/info/main_boutique.html
HP: http://www.nihondo.co.jp/
一日分の漢方薬代:煎じ薬600円前後 エキス剤 600円前後
カウンセリング:無料


女性限定! 癒しのサロン「若草漢方薬局」

若草漢方薬局
プチホテル風の店内。漢方とアロマの香りが漂い、すでに癒し効果が
女性専用の漢方薬局は、日本でここが初めてだそうです。スタッフも全員女性で、リラックスして身体の悩みを相談して欲しいという配慮がされています。

アロマセラピストであり美容家の吉川千明さんがオーナー&ディレクターを努める薬局ということもあり、漢方の味はもちろん香りにもこだわっています。「漢方は東洋のアロマテラピー」「漢方の古い扉をあけましょう」というコンセプトどおり、気軽に漢方に触れて、癒される空間作りがさりげなくも徹底している気がしました。カウンセリング後に選んでもらった漢方薬の、試飲サービスがあるのも嬉しいですね。その薬が身体に合っていれば、美味しく感じるそうです。

また煎じる時間が面倒だったり、漢方の匂いが部屋につくのがイヤという場合には、煎じ液一回分ごとを袋詰めにした、アルミパックを選ぶことも出来ます。旅行中に漢方薬どうしよう? というときにも便利ですよね。ライフスタイルに合った飲み方もアドバイスしてもらえるので、ぜひ相談してみてください。


■「若草漢方薬局」
所在地:東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル2階
TEL:03-3567-6070
営業時間:11:00~19:00(金曜のみ20:00まで)
定休日:火曜・夏季(8月)・年末年始
交通・アクセス:JR有楽町、地下鉄各種 銀座駅より徒歩3分~5分
HP: http://www.wakakusa-kanpou.com/index.html
一日分の漢方薬代:煎じ薬 630円 アルミパック 700円(ともに一律・税込)
カウンセリング:無料 ほかに漢方アドバイスコース(40分 \5,250)もあり。


どちらも、買い物帰りにふらっと立ち寄る感覚で、利用できそうなオシャレな漢方薬局ですよね。漢方薬だけでなく、薬膳やアロマをあわせて生活に取り入れやすい工夫をしたり、健康な身体づくりを提案して、カラダとココロの両面からきれいにする視点が、人気の理由のひとつではないでしょうか?


次のページでは、街の漢方薬局と来店時のアドバイス3カ条をご紹介します。