これから春になるというのに、ゆううつになるのが花粉症患者&ツラ~イ症状ではないでしょうか? 「漢方で花粉症撃退! 」シリーズ第2弾は、漢方薬が花粉症にいいといわれているメリットについて、迫ってみます!

花粉症に漢方薬がいい5つのメリット

イメージ
原因となる花粉もスギ、ヒノキ、ブタクサ……と、さまざまなんですよね
漢方薬で、花粉症の症状そのものが改善されるというメリットはもちろん、それ以外にも現在よく使用されている抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン剤に比べて、次のような5つの利点が挙げられます。


1、眠くなる成分が入っていない
⇒車の運転時や仕事中など、気にせずにいつでも使用できる

2、副作用が少ない
⇒口が渇く、胃腸や肝臓の具合が悪くなるなどの症状が出にくい

3、体質改善につながる
⇒手足の冷えが治ったなどの、他の気になる症状の緩和も期待できる

4、飲み続けると薬の量が減る、もしくは必要なくなる 
⇒市販の薬は、効かないと処方される量が増える場合も……

5、手間がかからない
⇒点眼薬と点鼻薬などの併用、粘膜を焼く、というような面倒が少ない


2,3は漢方薬自身のメリットでもありますが、ぼーっとする症状が出ないといった副作用の有無や、利便性などを考えると、これを機に漢方デビューしない手はなさそうですね。

漢方だって、即効性のある薬がある!

イメージ
体質が変われば、性格も変わる?! 表情が明るくなったり、姿勢も良くなることも
では、花粉症予備軍や、いままでの薬で満足できなかった人は、今からどうやってケアすればいいのでしょうか?

詳しくは「花粉症のなりやすさチェック&オススメ漢方」の記事でも紹介していますが、漢方で花粉症を治療する場合、まずは体質にあわせ、症状が出る前から体質に合った薬を飲み続けることが重要です。

しかし、すでにもう鼻がムズムズ、目がカユイ、鼻が詰るといった症状が出ている場合には、対処療法的なお薬を使うこともあります。漢方薬は、体質改善をするために長く使用するものもあれば、即効性のある薬だってあるのです。

ということで次回は、「花粉症の鼻水・鼻づまりにいい漢方薬」をご紹介します。お楽しみに!


関連リンク
  • もっと花粉症のことを知りたいなら
    アレルギー・花粉症(漢方INDEX)
    「花粉症のなりやすさチェック&オススメ漢方」(漢方)
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項