アトピーは決定的な治療法がない、なかなか治りにくい、といった点が悩みのタネです。こういった場合、漢方のチカラを借りるのもひとつの方法です。今回は漢方で考えるアトピー第1弾として、漢方治療の秘訣に迫ります!

アトピーは皮膚の病気じゃなく、原因も人それぞれ

イメージ
インナービューティーで、肌もキレイに!
漢方でアトピーを考えるとき重要なのが、その人の皮膚の状態だけでなく、内臓の様子を観るというのが挙げられます。

食欲がなかったり、胃腸が弱いタイプならば、体中に栄養が行き渡らず、肌のターンオーバー(回復力)にも影響が出ます。「皮膚は内臓の鏡」という言葉のとおり、内臓は肌の一部であり、内臓のトラブルは肌表面に現れてくるのですね。

なお、その人の体質や環境、ココロの状態にも深く影響し、ステロイドの使用頻度により肌の状態も千差万別。人それぞれまったく違う症状が出るので、その対処法も漢方では何十通りとあるのです。なので、その人に合わせた、いわばオーダーメイドの治療法で立ち向かう漢方は、かなり力強い味方だといえるでしょう。

もちろんステロイドは長期間使い続けると肌の抵抗力も弱まり、根治療法ではないけれど、適切な使用をすればとても有効な治療法です。ケースに応じて漢方と併用したり、お互いの利点を活かすことも必要です。

アトピータイプを5つにわけると……

イメージ
体質に合わせて補ったり、余計なモノを減らすのが漢方
先ほどもいったようにアトピーの原因は人それぞれですが、大きく分けると次のようなタイプに分類できます。いくつも重なっていたり、これ以外の要因もありますが、傾向を知るうえで参考にしてください。

■熱タイプ
皮膚に赤みがあり、熱感が強く、炎症もひどい。痛みをともなったり、化膿することもある。

■湿タイプ
ジュクジュクしていて、長引きやすい。水分代謝が悪いタイプで、ひっかくと液が出てくる。

■潤い不足タイプ
カサカサしていて、血が不足しているタイプや、のぼせや口の渇きがある陰虚(水分不足)がある。

■機能不足タイプ
幼い頃から発症し、冷えや食欲不振がある。皮膚は乾燥し、ポロポロしていることが多い。

■ストレスタイプ
ストレスにより症状が悪化するタイプで、大人になって発症するのが多い(近年多い傾向が)。


漢方治療の良さは、複数のからみ合った原因を解くほぐし、発症のメカニズムを明確にして、治療方針をたてるのです。この機会に、漢方でアトピーを根本から治してみませんか?

なお、次回からは具体的なタイプ別のオススメ漢方や、養生法をご紹介します。お楽しみに! ガイドメルマガも好評です。ぜひご登録くださいね(登録は無料です)。



オススメ関連リンク
  • ニキビ・肌荒れ・皮膚炎


  • 最近の人気ガイド記事
  • 漢方薬の誤解! 葛根湯の正しい飲み方は?
  • 皮もワタも捨てないで!梅雨に食べたい冬瓜
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項