進化してきた間取り

外観
全戸角部屋3面採光を実現した、ヒューマンスクエア武蔵浦和ツインの外観
築年数の古い中古マンションと、新築のマンションを比較してまず気づくのが、間取りや仕様の違いではないでしょうか。大量供給が続く中で、マンションの居住性能は大きく進化してきました。浴室の広さはもちろんのこと、通風性や採光に優れていること、サッシの高さによる開放感や天井高。家事動線や収納しやすさなどに工夫を凝らしたマンションが次々と誕生してきました。

昨年発表されたヒューマンスクエア武蔵浦和ツインヒューマンランド JR埼京線武蔵浦和駅徒歩10分 32戸)は、PRC(プレストレストコンクリート造)構法を梁の一部に採用した、壁式ラーメン構造のマンションです。柱型が無く、梁型も少ないこの物件は、有田焼きタイルのシックなフォルムの2棟構成の9階建て。全戸角部屋・2戸1エレベーター・ワイドスパンといった高い居住性と、強度の高いコンクリート使用などで耐久性を併せ持つマンションです。この物件を例に挙げて、今後のマンションの可能性について解説しましょう。

高い居住性の間取りを実現

Aタイプ
通風採光のみならず、収納力、動線設計も練られたプラン(ヒューマンスクエア武蔵浦和ツインのAタイプの間取り 89.10m2

プランの特徴を挙げていくと

ユーティリティーテラス
バルコニーとキッチンの間にユーティリティーテラスを設置。主婦にとって使い勝手の良い家事動線を実現
■全戸8.2m以上のワイドスパンでかつ全戸角部屋3面採光→明るく通風採光に優れている
■全戸キッチン横にユーティリティーテラス(スロップシンクや洗濯機置場を設置したユーティティースペース)さらにバルコニーへと続く→家事動線に配慮し使い勝手の良いプラン
■全戸ポーチ・トランクルーム付き→独立性が高くプライバシーの配慮がされている
■柱型が無くすっきりしたリビングや各居室スペース→家具などがおきやすく使いやすい、無駄なスペースも出にくい
■全戸南向きでリビングは2.2mの高さのハイサッシュ→使用時間の長いリビングが快適に使える
■キッチンに食品庫、化粧室にリネン庫を標準装備→収納箇所が多く使用目的に応じて収納できる……

などなどプラン的魅力が多く来場ユーザーの間取りに対する評価は高いそうです。

次のページでこのプランを実現した壁式ラーメン構造を紹介します。