ハチを見かけたら

ハチでショックになれば、血圧を上げる薬、エピネフリンをできるだけ早く注射した方が望ましい
ハチの毒針には、ハチが攻撃的になるフェロモンが含まれています。ハチに刺されるとその毒針からフェロモンが発せられます。ハチの一匹が刺した後、他のハチもつられて集団で襲いかかるという習性があります。つまり、1匹でもハチを怒らすと大変です。

ハチを見かけたら、ハチを怒らさないように気をつけて、そっと逃げることが大切です。

ミツバチの針には返し棘があり、皮膚に刺さると抜けなくなり、無理に抜けば毒腺と言って毒の袋ごと抜けてしまいます。この場合、ハチも死にますが、針が皮膚に残ったままになってしまいます。

ハチの針を除くことも大切です。そして、刺された部分を洗い流します。局所は、抗生剤入りのステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬の外用薬を使います。虫刺されと同じです。

アナフィラキシーが出た場合はすぐに治療が必要です。アナフィラキシーの治療を行いますが、特に、エピネフリンの皮下注射をできる限り早く行いましょう。注射することが遅れると、命に関わりますから、ハチアレルギーは正確に診断をしておく必要があります。

抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の点滴を行います。

ハチに刺されるリスクが高い職業の場合

体質改善! 免疫療法って何?免疫療法』で説明しました免疫療法を行います。

ハチ毒の抽出物を、徐々に増やして、ハチ毒100μg(ハチ2匹分)で5年以上、月に1回程度に皮下に注射します。かなり有効であると報告されています。

ハチに刺されて、ひどく腫れたことがある場合、医療機関で適切に治療を受けましょう。今度の対応も含めて、ハチアレルギーがあれば検査して、エピネフリンの自己注射(エピペン)を持つ事も必要です。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項