生活指導

「じんましん」の治療は、原因がわかれば、その原因を除くのが一番です。しかし、原因がわからないことが多いので、日頃から体調に注意していく必要があります。その意味では、生活指導も重要な治療の一つです。
ストレスを減らすことは重要です

  • 薬の正しい使用
  • 過労を避ける
  • 皮膚を刺激しない衣類を着用
  • 虫刺されを避ける
  • ストレスへの適切な対応
  • 体調に注意(体調が悪いと「じんましん」が出やすくなります)


アトピーの治療との共通点

「じんましん」の治療は、アトピーに似ていますね。というのも、アトピーでもじんましんでも、一番辛いのは、痒みだからです。痒みを抑える治療が中心になります。また、アトピーと「じんましん」の関係で説明しましたが、アトピーにじんましんが合併しますので、基本的な治療方法も共通するのです。

このように、アレルギーの病気は、いろいろと関連して起こります。今の症状をしっかりとみて、正しく治療していきましょう。


豆知識
胃潰瘍の薬:胃酸は、ヒスタミンによって産生されます。胃の壁細胞という胃酸を出す細胞にはヒスタミンに対する受容体(じゅようたい)があり、その受容体をH2受容体と呼んでいます。胃酸を抑える薬はH2受容体を抑える薬です。「じんましん」はH1受容体によって起こりますので、本来なら、胃酸を抑える薬は「じんましん」に直接効きませんが、同じヒスタミンが関わっていることから使用されて、効果があると報告されています

じんましんの基礎知識シリーズ
【第1回】なぜ、じんましんが起こるの?
【第2回】「じんましん」の治療


<参考リンク先>

アトピーと「じんましん」の関係

蕁麻疹(じんましん)(患部写真)

蕁麻疹(じんましん)(特別な蕁麻疹について)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項