筋トレ指導
腹筋を鍛えて腰痛を予防しましょう、と医師や専門家からの指導があると思います。

筋トレはつらくて続かない!?

腰痛で整形外科を受診し「腹筋を鍛えて腰痛を予防して下さい。」というアドバイスを受ける人が多いようです。「筋力アップは、確かに大切かも知れないけれど、腹筋の筋トレは、大変そうだしキツそうだし、やる気が起きない!」……なんていう声をよく耳にします。


背筋も働きが弱ってしまう!

背中の筋肉
腰痛を訴える人では、背中の筋肉の機能が低下してしまい、腰部の負担が強まっていることがあります。
また、「腰痛 = 腹筋の弱さが要因」という認識の人が多いかもしれません。しかし、腹筋だけではなく、背中の筋肉も気にとめて下さい。 腰痛を訴える人では、腰部を含める背中の筋力が低下していることが多いと言われています。これは、背中の筋肉量が足りない、といういよりも背筋が、正常に機能していない可能性が高いと考えられます。

触ってみると過剰に筋肉が緊張しているところや、正常な張りが損なわれているところなどが、発見できることがあります。お腹側の筋肉にも、同様な状態がみられることがあり、機能低下を起こす筋肉が何かによって、腰の動かせる範囲や痛み方なども変わってきます。


トレーニングは頑張りすぎないことがポイント

腹筋トレーニング
筋トレは、あまりにも頑張りすぎてしまうと、腰の症状を悪化させてしまうことがあります。
腰痛対策のエクササイズを行う際、腰痛を招かないためには、お腹側だけをはりきって鍛えたり、背中の筋肉だけを連日トレーニングしたりと、偏ったトレーニングを行わないことがポイントです。

あまりにも鍛えることに必死になってしまい、その結果、腰を痛めてしまったり、筋トレ後の疲労をひきずってしまい、筋肉がこってしまったということもあり得ます。一般の方は、頑張り過ぎずに毎日少しずつでも続けることが出来るような、エクササイズ・トレーニング方法が良いと思います。