仕事の合間にアイピローセラピーはいかが
パソコンワークなどで「ちょっと目が疲れたな~」というとき、その疲れを放置しないで、その場で目のまわりの筋肉をほぐすことは、眼精疲労の防止にもつながります。そのために役立つのは、アイピローです。

基本的に疲れ目を癒すのは温熱効果で、アイピローの生地機能や電子レンジなどで温めて、目にあてると、血行をよくして老廃物を流すことができます。

冷やしたアイピローはヒンヤリと気持ちのよいものですが、血管を収縮させてしまうため疲れ目促進には逆効果なようです。けれども、温熱効果でしばらく血行をよくしたあとに、冷やすのなら問題ありません。それでは、お気に入りのアイピローを探していきましょう。

オフィスでさりげなく使いたいアイピロー...P1
アロマでリフレッシュできるアイピロー...P2
おやすみ前にリラックスできるアイピロー...P2


オフィスでさりげなく使いたいアイピロー


Healing Nature アイピロー
オフィスの置きアイテムで目を癒す
仕事の合間やお昼休み、残業中に使える、機能的なアイピローをオフィスに常備しておいてはいかがでしょうか。パソコンでの書類作成など酷使された目は、数分のアイピロータイムでスッキリとリフレッシュできることでしょう。

この『Healing Nature アイピロー』はシンプルなデザインと、機能素材がポイント。片面はユーカリの木から作られたという素材で清涼感が期待でき、そしてもう片面はセラミック炭シートと、ボア生地仕様で遠赤外線効果が期待できます。クッション素材にはヒノキが含まれているので、気分的にもリフレッシュできそうです。

次のページはリフレッシュ&おやすみアイピロー