職場のコミュニケーションが
希薄化しているわけ

個人プレーのワーキングスタイル
パソコンの普及によって、個人でできる仕事が飛躍的に増えた
ご近所や親戚などの義理付き合いは、最近かなり希薄になってきましたね。しかし、それだけでなく、最近では職場の人間関係も希薄になりつつあるようです。

その背景には、個人プレーのワーキングスタイルの増加があります。そして、これが職場のコミュニケーション不足と働く人の心の負担に結びついています。

社会経済生産性本部 メンタルヘルス研究所が上場企業2,150社に対して行った調査(2006年 有効回答数218社、回収率10.1%)によると、7割近くの企業において「個人」で仕事をする機会が増え、約6割の企業で職場のコミュニケーションが減り、5割近くの企業で職場の助け合いが少なくなった、ということが分かりました。また、職場でのコミュニケーションの機会が減った企業で、心の病が増加した割合は7割以上にものぼっています。

個人で進める仕事は、たしかに気楽です。しかし、実績は評価されるが、気軽に相談できる先輩や上司がいない、つらい状況を理解し、サポートしあえる仲間がいない、など不安要因も多いものです。職場の人間関係は濃密になると煩わしいものですが、少なくなりすぎると孤立感を深め、働く意義を見出しにくくなります。


社員旅行が復活した
背景にあるのは?

社員旅行はどこへ?
最近は、ボトム・アップの企画で自由度の高い社員旅行が増えている
こうした状況の中、社内のコミュニケーションを増やす機会が重視されてきています。OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)や勉強会だけでなく、業務以外の時間を共有することで、気持ちの交流を図ろうという取り組みです。

そのひとつに、90年代のバブル崩壊とともに消えた「社員旅行」の復活があります。社員旅行というと、お偉方ばかりが楽しく、若手社員や女性社員には苦痛でしかない日本企業の悪慣習と捉える人も多いでしょう。

しかし、最近ではお仕着せの旅行ではなく、社員がアイデアを出し合って企画を立て、自由度の高い社員旅行が増えてきています(現地集合、現地解散、家族連れOK、所定時間以外の団体行動はなし、など)。

社員旅行だけでなく、家族も招いた新年会、社員の誕生日会など、ユニークな社内行事を行う会社もあります。このように社員が楽しめる行事が増えているのは、成果主義だけでは働く動機や意欲を増進しにくいという背景があるからでしょう。

働く動機や目的を確認しあうには、社員同士の胸襟を開いたコミュニケーションが必要になります。それも、会社員というペルソナを外した一人の人間としての交流です。

しかし、コミュニケーションは、会社任せばかりでは成り立ちません。社員各人がコミュニケーションへの苦手意識を克服することも、また大切です。そのポイントについては、次のページを参考にしてみましょう。


次のページでは、人間関係にも生かせる「80対20の法則」、コミュニケーション下手を克服する3つのポイント、というテーマについて語ります。>>次のページへ