シングルでイブを過ごすことに不安を感じていませんか?

「恋人がいないからクリスマスなんてつまらない」……そんな思いを募らせて、幸せから遠のいていませんか?

「恋人がいないからクリスマスなんてつまらない」……そんな思いを募らせて、幸せから遠のいていませんか?

クリスマスシーズンは、恋人のいない人にとっては寂しさを感じやすい季節なのかもしれません。なかにはいわゆる「シングルベル」の状態にストレスに感じ、満たされない思いを募らせて眠れない夜を過ごす方もいるかもしれません。

しかし、「いま手にしていないもの」への悲しみにとらわれると、「既に手にしているもの」に目を向けることができなくなります

たとえば、今は恋人はいないけど、共に過ごす仲間がいる。贅沢三昧はできないけれど、たまにはおいしいものを食べるゆとりがある。忙しいけれど、週末にはのんびり過ごせる時間がある……。

このように、既に手にしているものたがくさんあるのに「寂しさ」という一点にとらわれていると、幸せを味わうことができなくなってしまいます。

年末は「既に手にしている幸せ」をじっくり味わおう!

「幸せ」は形のないものです。したがって「つかんだ」と思ったそばから、手にしていることを実感できなくなります。そのため、さらなる幸せを求めて走り続けてしまう人が少なくありません。これを「幸せのパラドックス」と言います。

幸せは躍起になってつかむものではなく、味わうものです。そして、幸せの輪は「幸せを感じる人」のつながりでできるものです。自分自身が幸せを感じる人であり続ければ、自分の周りにも同じように幸せを感じる人が集まり、幸せの輪ができます。それにはまず、自分が手にしている幸せに気づくことです。

シングルだから持てる! 1年の幸せをじっくり振り返る時間

クリスマスから年末にかけて、シングルで過ごす予定があるならば、ぜひ1年の幸せを振り返る時間を持ってみるとよいでしょう。ここでは、独身だからこそじっくりと味わうことのできる2つの過ごし方を提案したいと思います。
 
1. 教会のミサに参加し、今年1年に感謝する
教会では、イブの夜やクリスマスの日にミサが行われます。クリスチャンでなくても参加できるところは多いので、近くの教会に出かけてみてはいかがでしょう。

ミサでは1年の息災に感謝し、皆で幸せを分かち合うことができます。大きな教会やキリスト教系の大学の礼拝堂なら、初心者でも参加しやすいですし、予約なしで参加できるところが多いです。

2. 家族や仲間に「感謝」の言葉を贈る

自分を愛して育ててくれた家族、いつもそばにいてくれる仲間に「感謝」の言葉を贈ってみてはどうでしょう。共にごちそうを囲んで、あるいは離れているなら電話をかけて、1年間の感謝を伝えてみましょう。 このように、1年の幸せと感謝を感じて年末を過ごしてみると、自分がたくさんの幸運や支えに助けられ、生きてこられたと実感することができます。ぜひ、そんな豊かな気持ちでクリスマスシーズンから年末のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項