「生活習慣病とは悪い生活習慣の積み重ねによってひきおこされる病気のこと」なんていわれたって、このご時世、普通にがんばって生活していても、いろいろと体の不調は出てしまうものですよね。

そんな時、ちょっと運動するだけでもいろいろな悩みが解決するかも知れません。今回は「一日30分の運動習慣で人生が変わる!?」をお届けします。

知っていますか、もう一つの「ニート」

もう一つの「ニート」?
もう一つの「ニート」
さて、突然ですが「ニート(NEET)」って知っていますか?

「学校にも行っていなし、働いてもいない若者のこと」とお答えになった方、もちろん正解ですが

実はもう一つ生活習慣病予防に重要といわれる「ニート(NEAT)」があるのです。これは「non-exercise activity thermogenesis」という英語の略。

簡単に言うとニート(NEAT)は「走ったり水泳といったしっかりとした運動ではなく、立っている姿勢を維持したり、座ったり立ったりするような日常生活の動きをする際に発生するエネルギー」です。

太っている人はやせている人より座っている時間が長い!

実は、ニートと肥満は密接な関係があると言われています。

2005年、メイヨークリニックというアメリカの病院が、「太っているヒトはやせているヒトに比べて一日で150分座っている時間が長い(350kcalに相当)」。つまり、「ニートが低いか高いか」が肥満への関与に大きいと考えられる」という発表をしたのです。

ただ、これは「怠惰だ」といったような気持ちの問題ではなく、例えば脳の中の神経伝達物質といったような問題にかかわりが深いだろうと考えられます。

なぜかというと、太った人が食事制限して痩せても、やっぱり座っている時間は長いままで、痩せた人に食事を増やして太ってもらっても、座っている時間は短いままだったのです。

とはいえ、一日に350kcalといえばご飯軽く2膳分ですよね。意識して、こまめに動くということが大事なのですね。
Mayo Clinic Discovers a Key to "Low Metabolism" -- and Major Factor in Obesity


次のページでは、「じゃあ、ニートを増やせば痩せるの?」>>