<INDEX>
  1. リクルートスーツの基本
  2. 入社後も使えることを考える
  3. 社会人が訪れる店で買う
  4. 買う時には、必ず店員に相談を

リクルートスーツの基本

リクルートスーツは、ずっと君の就活を支えてくれるパートナー。納得できるものを選ぼう

リクルートスーツは、ずっと君の就活を支えてくれるパートナー。納得できるものを選ぼう


リクルートスーツを選ぶ基本は以下の2つ。
 
  1. 入社後も視野に入れる
    就職活動専用に買うのはもったいない。入社後も使えるスーツ、つまりシンプルに「黒」を買おう。シャツも当然、白を基本に、ぴったりのサイズを選ぼう。
     
  2. 面接に相応しいものを
    当然ながら、さまざまな企業を受験する以上、どこでも通用するリクルートスーツを買うべきだ。よって自分の視点で買うのではなく、社会人の視点を参考にするべき。「君」が似合うと思う服ではなく、「面接官」が似合うと思う服を選ぼう。

以上の視点を考慮して、リクルートスーツを購入しよう。

最近、クールビズやウォームビズといった、職場でのエコを考えたカジュアルな服装が定着しつつあるが、リクルートスーツはどうもまだクールビズやウォームビズは駄目なようである。理由は簡単。クールビズやウォームビズは、あくまでも社会人、つまりその職場の雰囲気を理解している人だけができる服装であり、ほとんど初対面である企業に赴く就活生には相応しくない。さらに、面接では目上の人に敬意を払い不快感を与えない服装が要求されるからだ。

リクルートスーツは、入社後も使えることを考える

 
男性の場合、パンツは2本買うことを勧める。ヨレヨレになるのはパンツからだ

男性の場合、パンツは2本買うことを勧める。ヨレヨレになるのはパンツからだ


まず、リクルートスーツについてだが、一着目は黒を買うことをお勧めする。

理由は、黒はいろんな意味で無難だからだ。まず、履歴書の写真の出来栄えが良い。顔が写真の大部分を占めるのだから、スーツをグレーやベージュなど薄い色にすると、全体的に明るくなって表情もボケてしまう。あと男性の場合、どんな色のネクタイでも合う利点がある。ここまでなら紺や濃いグレーでもよいと思うかもしれないが、最後の理由が決定的。そう、黒なら冠婚葬祭に使えることである。特に喪服は親族以外は黒いスーツでOKだ(略礼服。女性は黒いワンピースかツーピース)。結局、社会人になってからも黒のスーツは必ず買わなくてはいけないのだから、一着目は黒で決まりだ。

次にシャツについては白が基本。白のシャツにはどんなネクタイ・アクセサリーにも合うからだ。枚数については、洗濯の手間を考えると最低3枚は必要だろう。お金に余裕があれば、社会人を観察して白以外(薄いブルーやピンクなど)にもチャレンジして良いが、やはり白で揃えるのが無難だろう。

あと、サイズに気をつけよう。適当に「Lサイズ!」みたいに大雑把に買ってはいけない。ちゃんと、衿廻(えりまわり・ネックサイズ)、裄丈(ゆきたけ・肩幅の1/2と袖丈を加えたサイズ)をお店で測ってもらおう。このサイズさえ知っていれば、いつでも買い足せる。

社会人が訪れる店で買う

信頼できる店員さんがいるところがいいぞ

信頼できる店員さんがいるところがいいぞ


買う店は、社会人が訪れる店で買うことを勧める。

なぜならば、入社後も結局使うのである。シャツも含めて、また買いに来るのである。よって、社会人がスーツを買っている店で買ったほうがはずれは少ない。もちろん、百貨店やスーツ専門店、生協等でのリクルートスーツコーナーで買うことを否定しない。

しかし、もし可能ならば、ご両親や知り合いの社会人に「どこで買いますか?」と聞いてみよう。ベストは「カッコイイ」と思うスーツを着ている社会人にどこで買ったのかを聞いて買うことだ。内定を取った先輩に聞くのも良いだろう。

スーツが原因で面接に落ちることはないが、少しでも工夫して買ったことを誇りにすることは、きっとプラスになるはずだ。

買う時には、必ず店員に相談を

特にネクタイは注意。自分が似合わないと思ったものこそ、似合うことが多いぞ

特にネクタイは注意。自分が似合わないと思ったものこそ、似合うことが多いぞ

最後に、自分が映える服を買うために、必ず店員に相談しよう。

間違っても自分の好みだけで選んではいけない。特に男性はネクタイに注意。自分の趣味だけで買うのは絶対によそう。

コツは、必ず店員に「就職活動用で自分が映える服を」とお願いすることである。なぜならば、大切なのは面接官が似合うと思うかであり、それは自分では絶対にわからないからだ。よって、第三者である店員に聞くことが基本なのだ。心配なら時間をおいて、違う店員に聴いて確かめてもいいだろう。

女性の場合、ボトムスは一般的にスカートの方が良いとされているが、パンツ、スカートのどちらでも大丈夫。営業職などはパンツスーツで活発さを印象づけるのも良いし、事務職や受付、秘書などの「女性らしさ」を求められる職業であればスカートの方が好印象かもしれない。自分に似合うかを前提とし、職種によってボトムスを使い分けるのも良いだろう。

とにかく、自分の趣味で買ってはダメだ。君が最大限に映えるリクルートスーツをぜひ選ぼう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。