やっぱりスキルは高い方が有利

スキルチェック
同じ仕事に複数の候補者がいる場合スキルが高ければ有利になる可能性も
最初に述べたように、スキルはなくても登録は可能です。ただ、少しでもスキルが高い方が紹介される仕事の幅は広がります。また、同じ仕事に複数の候補者がいた場合、スキルが高い方が有利になる可能性も。高いスキルを求められる仕事ほど、時給も高くなります。

タイピングスピードなどは一朝一夕には速くなりません。希望の仕事に対してスキルが足りない場合、普段から意識してスキルアップを目指しましょう。

派遣という働き方で強みを発揮できる人は?

派遣社員はほとんどの人が登録できるので間口は広いのですが、より挑戦しがいのある仕事につく場合は、ある程度強みを持って狭くなっていく門をくぐる必要があります。

派遣社員は即戦力を求められることが多く、初心者でも大丈夫な仕事でも敬語の使い方やなどの基本的なビジネススキルは、多くの場面で求められるでしょう。また、対人コミュニケーションスキルはどんな職種であっても必要とされます。

何かしらの仕事を経験している場合は、前職で得たものをフルに活用できる応用力、例えば、職種は違っても効率的な仕事の進め方を追及したり、ミスを少なくするための工夫などを新しい派遣先でも発揮できる人。前職のルールに固執せず新しい社風に合わせつつ、スタイルを確立できる柔軟性を持つ人。

社会人経験がなかったとしても、就業後も仕事を少しでも早く覚えようと努め、必要なスキルを新しく磨く人なども派遣会社や派遣先からも好感を持たれます。そういう人は、契約継続や時給アップにもつながりやすいでしょう。スキルもモチベーションも高ければ、自分の希望に合った仕事や、よりやりがいのある仕事にも挑戦できる可能性も高まります。

希望の仕事に就いている自分を思い描けば、大変なことも乗り越えられます。思い描いた派遣生活を送ることができるよう、登録後もスキルアップを心がけましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。