派遣社員に求められる適性やスキルはあるの?

スキルチェック
派遣に求められる適正やスキルは、仕事により様々です
派遣会社に登録して就業が決まれば派遣社員として働くことができますが、特別なスキルがないのでそもそも派遣会社に登録できないのでは、と心配する人もいるかもしれませんね。登録は正社員の採用・不採用と異なり、特に適性を問われることはなく、一般常識やなどがあれば基本的には派遣登録は可能です。

派遣会社は多くの求人の中から、その人のタイプやスキルに合った仕事を紹介してくれるので、パソコンが苦手だとか電話応対の経験がないなど、不安要素を持っている人も心配しすぎることはありません。

なにか特別な資質が求められているのではなく、できないことを何とかしようとする前向きな姿勢や約束は守るなどの、基本的な社会性が備わっていればまずはよいでしょう。

派遣会社に登録する際にはパソコンスキル、ビジネス関連の簡単な知識テストなどスキルチェックが行われます。順に詳しく見ていきましょう。

パソコンスキルチェック

チェック方法は派遣会社によって異なりますが、標準的なものは、和文・英文・テンキー入力、およびワードやエクセル知識など。

入力チェックでは、制限時間内の文字入力数やタイプミス数が計測され、結果を教えてもらえます。入力数が少なかったとしても、取り立てて何か言われることはないでしょう。

ワード、エクセルについても、基本的な文字入力から「太字にしなさい」「セルの結合をしなさい」「グラフを作りなさい」などの指示に従って、制限時間内に問題を解いていきます。これもあくまでもスキルの程度を判断するために使われます。

入力の仕事を希望する場合は、タイプ文字数が判断目安となります。ワードやエクセルができなくても、オフィスワーク以外の仕事や、オフィスワークの中でも高度なパソコンスキルが特に求められない仕事もありますので、できが悪かったからと落ち込む必要はありません。

インターネット上の無料のタイピングサイトや、自宅のパソコンに入っているオフィスソフトで登録前に練習したり、本を読んだりしておくといいでしょう。