コンサルティング会社は「コンサルタント」しかいない


コンサルティング会社に所属する人は、すなわちコンサルタント

コンサルティング会社に所属する人は、すなわちコンサルタント


多くの会社では、会社の中に営業職、企画職、研究開発といった複数の職種が存在するのが一般的。しかし、コンサルティング会社の場合は、基本的には一職種、つまりコンサルタント職しか存在しません。コンサルティング会社に所属する人は、すなわちコンサルタントであるわけです。

ただし、もちろん経理や人事などの仕事をしている部署も存在します。経理・人事・広報・総務といった部署は、まとめて「バックオフィス」と呼ばれます。それに対して、コンサルタントは「フロント」と呼ばれます。

コンサルティングの営業は誰がするのでしょうか? コンサルティングという形のないサービスを営業することは難しく、実績を積んだ役員クラスのベテランコンサルタントがこの役割を担っています。

コンサルタント会社ではバックオフィスとフロントの分業が進んでおり、営業は役員クラスが行うため、若手のコンサルタントは、クライアント(顧客)へのコンサルティング業務に100%集中するのが基本です。

コンサルティング会社の特徴は「プロジェクト制」

コンサルティング会社の組織図
コンサルティング会社の組織図
コンサルティング会社と普通の会社の働き方の決定的な違いは、「プロジェクト制」にあります。

コンサルティングプロジェクトは、ある特定のクライアント(顧客)の特定課題に対して、その都度期間と予算を決めてコンサルタントが解決にあたります。そのクライアントの課題に対して適切な経験をもったコンサルタントが社内から集められ、プロジェクトのためにコンサルタントチームが組まれるのです。個々のコンサルタントは、社内で受注したいずれかのプロジェクトに配属(アサイン)されて仕事をすることになります。そのため、固定した組織というのが存在せず、プロジェクトごとで働くメンバーも上司も異なるのが普通です。

プロジェクトが終了するとその時点でチームは解散し、プロジェクト期間中の上下関係なども解消されます。プロジェクト終了後、次のプロジェクトに配属されるまで、時間が空くことがあります。その間は社内研修を受けたり、次のプロジェクトの提案書などの作成を行ったりといった仕事が割り当てられます。そして新しいプロジェクトへが決まると、そのプロジェクトに参画するということになります。

上司がプロジェクトごとに変わるため、人事評価は関わったすべての上司の評定を考慮します。例として、1年に1度の評価の時期に上司がすべて集まり、メンバーの名前を1人ずつあげて昇進させるか否かの会議を行う、といった事例があります。

プロジェクトのメンバーとして参画する場合、プロジェクトの掛け持ちは原則ありませんが、ごく一部のファームではメンバーレベルでも掛け持ちする場合もあります。また、プロジェクトマネージャー以上のコンサルタントは、複数のプロジェクトを掛け持ちしてマネジメントすることもあります。

コンサルタントは、あるときは消費財メーカーのプロジェクト、あるときは飲料会社のプロジェクト、あるときは商社のプロジェクトといったように比較的短期間に多くのプロジェクトに参画でき、様々な業種の様々な業務を見ることができます。

コンサルティング会社で働くと、短期間に広い経験を積むことができるというのはこのためです。

次のページは、コンサルティングのプロジェクト規模と事例について解説します。