スライドに箇条書きを入力するときは、1項目入力するたびに「Enter」キーを押して改行するのが基本です。「Enter」キーを押すと、先頭に自動的に「行頭文字」と呼ばれる記号や数字が表示され、箇条書きを区別しやすくしてくれます。ただし、箇条書き同士の上下の間隔が詰まっていると窮屈な印象を与えます。

そこで今回は、箇条書きの上下の間隔を調整するときに欠かせない「行間」「段落後」の機能について解説します。

最初に、「行間」や「段落後」がどの部分の"アキ"のことを指しているかを正確に理解しましょう。「行間」というと、一般的には行と行の間の"アキ"のことを指しますが、マイクロソフトのオフィス製品では、下図が示すとおりに、前の行の文字の上端から次の行の文字の上端までの距離(文字の高さ+行と行の間の"アキ")のことを指します。

一方、「段落」とは、「Enter」キーを押してから次の「Enter」キーを押すまでのひとかたまりのこと、つまり、行頭文字から次の行頭文字までを「段落」と呼びます。そのため、「段落後」とは、前の段落の最後の行の文字の下端から、次の段落の最初の行の上端までの距離のことになります。
箇条書きの上下の間隔を調整するには、「行間」と「段落後」の違いを理解することが大切だ


1行1件の箇条書きは「行間」でアキを調整


はじめに、「行間」を調整します。下図のように、箇条書きが1行で完結している場合は、「行間」を調整するだけで、箇条書き同士の上下の間隔を調整できます。まず、箇条書きのプレースホルダをクリックして箇条書き全体を選択します。
プレースホルダの外枠をクリックすると、箇条書き全体を一気に選択できる

続いて、「書式」メニューから「行間」をクリックします。
PowerPoint2007では、「ホーム」タブの「行間」ボタンをクリックし、「行間のオプション」を選ぶ

「行間」ダイアログボックスが表示されたら、「行間」の数値を変更します。数値が大きいほど上下の間隔が広がります。
ここでは、「行間」を「1.5」に変更して「OK」ボタンをクリックする

これで、箇条書き同士の上下の間隔が広がりました。スライドに空間が生まれると、ゆったりした印象になりますね。
「行間」を広げた結果、プレースホルダから文字がはみ出てしまうときは、文字サイズが自動的に縮小される


次に、「行間」の設定では思い通りにいかないケースを見てみましょう