そろそろ年賀状作成にあせりだす時期です。昨今、写真入りの年賀状をいただくことが増えてきました。家族やペットの成長がよくわかる写真が入っていると、それだけで心が和むものです。

少し前までは、写真をプリントショップに持ち込んで、有料で年賀状を印刷するのが主流でしたが、最近では、パソコンを使ってオリジナルの写真入り年賀状を作成することがほとんどです。

はがき作成というと、専門のソフトやワープロソフトが真っ先にうかびますが、実は、PowerPointを使うと、簡単な操作ではがきの文面を作成できるのをご存知でしょうか。特にPowerPoint2007に搭載されている豊富な画像編集機能を使えば、写真の周りに枠を付けたりぼかしたりといった操作もワンクリックでOK。そこで今回は、PowerPoint2007を使って、ポラロイド写真風に加工した写真入りの年賀状を作成します。
今回は、縦置きのはがきにタイトルと写真とあいさつ文を入れた年賀状を作る

今回は、縦置きのはがきにタイトルと写真とあいさつ文を入れた年賀状を作る

 

スライドをはがきサイズに変更する

まず、スライドをはがきサイズの縦方向に変更します。それには、「デザイン」タブの「ページ設定」ボタンをクリックします。
PowerPoint2007を起動して、表紙用のスライドが表示された状態で操作する

PowerPoint2007を起動して、表紙用のスライドが表示された状態で操作する

「ページ設定」ダイアログボックスが開いたら、「スライドのサイズ指定」を「はがき」、「印刷の向き」を「縦」に変更して「OK」ボタンをクリックします。
はがきを横置きに使ってもよい

はがきを横置きに使ってもよい

縦置きのはがきサイズに変更できたら、写真を配置しやすいように、スライドのレイアウトを変更します。「ホーム」タブの「レイアウト」ボタンから「タイトルのみ」をクリックします。これで、はがきのベースは完成です。
最初は、「タイトルスライド

最初は、「タイトルスライド」用のレイアウトが表示される。サブタイトルは不要なので、「タイトルのみ」のレイアウトに変更しよう

ポラロイド風の写真を入れる 

スライド(はがき)の中央に写真を挿入します。「挿入」タブの「図」ボタンをクリックし、「図の挿入」ダイアログボックスが開いたら、年賀状に使いたい写真を指定して「挿入」ボタンをクリックします。
はがきに入れたい写真は、あらかじめパソコンに保存しておく

はがきに入れたい写真は、あらかじめパソコンに保存しておく

スライド(はがき)に写真を挿入できたら、「図ツール」-「書式」タブの「図のスタイル」ボタンを使って写真を加工します。「図のスタイル」の「その他」ボタンをクリックすると、あらかじめ用意されているデザインが一覧表示されます。
写真をクリックすると、自動的に「図ツール」-「書式」タブが表示される

写真をクリックすると、自動的に「図ツール」-「書式」タブが表示される

写真に枠を付けたりまわりをぼかす加工は、以前のバージョンでは画像編集用の専門ソフトを使う必要がありましたが、PowerPoint2007なら、一覧から好みのデザインを選ぶだけで加工が終了です。

写真をポラロイド風に見せるには、白い枠の付いたデザインを選ぶとよいでしょう。
以前のバージョンでは、画像編集ソフトを使わないとできなかった加工が、一覧から選ぶだけで行える

白い枠の付いたデザインはいくつかあるが、ここでは、白い枠付きで斜めに傾いたデザインを選んだ

写真のまわりをぼかして柔らかい印象に仕上げたいときは、「図のスタイル」にある「四角形、ぼかし」や「楕円、ばかし」を選びます。どのデザインを選ぶかで、年賀状のイメージをがらっと変えることができます。