図形に「ワイプ(左から)」の終了の動きを付ける

付箋紙をめくるような動きは、左から右へ向かって付箋紙をはがす動きです。これは、アニメーションの「ワイプ(左から)」の動きとまったく同じです。
ポイントは、図形が表示されるときの「開始」のアニメーションではなく、図形がスライドから消えてなくなるときの「終了」のアニメーションを設定する点です。

1つめの図形をクリックして選択し、「スライドショー」メニューから「アニメーションの設定」を選びます。
 

PowerPoint2007では、「アニメーション」タブの「アニメーションの設定」ボタンをクリックする

PowerPoint2007では、「アニメーション」タブの「アニメーションの設定」ボタンをクリックする


右側に「アニメーションの設定」作業ウィンドが表示されたら、「効果の追加」ボタンをクリックし、「終了」→「ワイプ」をクリックします。図形がスライドから消える動きを付けるときは、「終了」のアニメーションを設定します。

一覧に「ワイプ」が表示されていないときは、「その他の効果」をクリックすればよい

一覧に「ワイプ」が表示されていないときは、「その他の効果」をクリックすればよい


最初は、「方向」が「下から」になっているので「左から」に変更します。

図形の左端からめくれるようにするには、「方向」を「左から」に変更する

図形の左端からめくれるようにするには、「方向」を「左から」に変更する


同様の操作で、2つ目の図形にも「終了」→「ワイプ(左から)」の動きを付けておきましょう。

似たような動きに「スライドイン(左から)」がありますが、これは、図形がスライドの左端から入り込んでくる動きです。現在の図形の位置を動かしたくないときは「ワイプ」の動きを使います。

アニメーションの設定が完了したら、「F5」キーを押して、スライドショーを実行してみましょう。クリックすると、1つめの図形がはがされ、次にクリックすると、2つ目の図形がはがれます。これなら、聞き手をわくわくさせながら、アンケートの集計結果を発表できますね。

スライドショーでは、クリックするたびに付箋紙がめくられる

スライドショーでは、クリックするたびに付箋紙がめくられる


ただし、この演出を多用すると逆効果です。プレゼンテーションの中で、1箇所か2箇所だけに限定して使いましょう。



■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。