PowerPointとは?


PowerPoint(パワーポイント)は、米国マイクロソフト社が開発したプレゼンテーションソフトです。1994年にPowerPoint4.0が発売されて以来、「パワポ」の相性で親しまれ、”プレゼンソフトと言えばパワポ”と言われるほどの代表格になりました。
PowerPointは、マイクロソフト社のプレゼンテーションソフトだ

プレゼンテーションというと、大きな会場でプロジェクタを使いながらマイクで説明するという仰々しいイメージがあり、自分には関係ないと思う方がいるかもしれませんが、決してそうではありません。
顧客相手に製品の説明をしたり、自社の会議で企画を提案したり、学校のゼミで研究成果を発表するなど、「限られた時間で必要な情報を正確に伝達し、相手を説得させる行動」のすべてがプレゼンテーションです。

では、プレゼンテーションを成功させるには、何を準備すればよいのでしょうか。
発表者の知識、情熱、話し方、態度といった要素も大切ですが、短時間で相手を説得するためには、説明を補完するわかりやすい資料が欠かせません。
なぜなら、人間は、耳から聞く情報よりも目から受け取る情報のほうが何倍も記憶に残ると言われているからです。発表者が口頭で説明するだけでなく、それを補う資料があると、聞き手は耳と目の両方から情報を受け取ることができるのです。

その資料作成を強力にバックアップするのがPowerPointなのです。

次に、PowerPointを使うとどんなことができるのかを説明しましょう。